新進のイギリス人アーティストSlinkachu

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

Slinkachuというイギリス人アーティストは、ロンドンの様々な場所に小さなフィギュアを置いてストリートシーンを作り撮影します。僕はこのようなアートは初めて見たので、今回はこの新進のアーティストの作品を紹介したいと思います。
まず、一つ目の作品は「wonderland」です。「Wonderland」は「不思議の国」という意味になりますが、この場合「冬のワンダーランド」を意味する「winter wonderland」というフレーズに関係があると思います。アスファルトを雪道に見立てるとは、やはり僕には無い発想力です。

 
次は、「子供のための近所の公共施設」を意味する「Local Amenities for Children」という作品です。タイトルを見ると、Slinkachuは作品で社会的な主張をしているように思えます。これはロンドンの公共施設不足を指摘しているのではないでしょうか。

 
この作品は「威厳のある」を意味する「Majestic」というものです。雄ジカは通常「stag」ですが、よく「majestic beast」と呼ばれています。

 

次は、「大きな期待」を意味する「High Expectations」という作品です。

 
最後は「Dreams of Packing it All In」という作品です。このタイトルを日本語に訳すのは難しいのですが、「pack it in」は「活動や仕事をやめる」という意味で、「pack it all in」だと全てをやめるというニュアンスになり、「dreams of」を付けると、「全てをやめることを夢見ている」のようになります。

Slinkachuの本は来年日本で発売されます。出版社は創元社です。Slinkachuの他の作品を見たい方は、このページを見て下さいね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *