ロンドンバスの歴史 ー 19世紀の馬バスから現在のハイブリッドバスに至るまで

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

皆さんは、ロンドンを走っている赤い二階建てのバスをご存知ですか?実は、19世紀にもロンドンには二階建てのバスがありました。
bus 1
これはロンドンの最初のバスの絵です。知っている方も居るかと思いますが、busはomnibusの略語ですので、その文字がバスの側面に書いてあります。omnibusはラテン語から由来していて、「皆のため」という意味になります。




horse bus

これは1865年に撮影されたものです。当時人口が2500万人を超えたロンドンは、道がとても混雑していたので、一台のバスに大勢の人が乗れるように屋根にも席が付いていました。




bus 3
この写真は、1900年の馬のバスで出来た渋滞です。




bus 4
bus 5
これは1910年代のバスです。1881年からエンジンのバスが走行するようになりました。
石鹸と家具の広告がはっきりと見えますね。二階に屋根はありませんでした。




bus 6
この写真には、屋根がある最初の二階建てのバスが写っています。




blitz bus

第二次世界大戦にもバスが走行していました。ロンドンがドイツから爆撃を受けた時期は「the blitz」と呼ばれています。このバスは、「crater」つまり爆撃で出来た穴に落ちてしまいました。




bus 8
1960年代に、ロンドンの赤いバスはイギリスの文化の象徴の一つとなりました。そしてこのバスはアメリカに輸出されました。




Routemaster
これはロンドンバスの中で最も有名な「Routemaster」というバスです。




bus 10
相変わらずロンドンの道路はかなり混雑していますね。




new bus
最新のロンドンバスはハイブリッドです。




もしバスマニアの方がいたら、ここのロンドンバスの博物館がおすすめですよ。

3 件のコメント

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。