紅葉と紅葉狩りは英語で何というのでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

最近めっきり秋も深まって来たので、今回は紅葉と紅葉狩りについての英語を説明したいと思います。

紅葉(もみじ)は英語で「Japanese maple」といいますが、「maple」だけだと楓になります。

そして紅葉(こうよう)は一つの英単語で表すことが出来ませんが、色々なフレーズがあります。ではまず「turn red」と「turn yellow」を紹介しましょう。この英語はとても簡単で、よく耳にします。

The leaves are already turning yellow.
木の葉はもう黄葉している。

The maple leaves have turned a beautiful red.
楓が綺麗に紅葉した。

「beautiful」と色の名前を一緒に使う時は、不定冠詞の「a」を付けるのを忘れないで下さい。
次は、「fall colors」と「autumn colors」というフレーズを紹介します。二つとも意味は同じですが、なぜ単語が異なるかというと、秋はイギリスで「autumn」と呼ばれ、アメリカでは「fall」と呼ばれているからです。また、秋の木の葉を意味する「autumn foliage」というフレーズもあります。この「autumn foliage」は「fall foliage」より美しい響きなので、一般的にアメリカでも「autumn foliage」が使われています。

Every year, I drive to New England to see the fall colors.
私は毎年紅葉を見るために、車でニューイングランドに行く。

Looking at all the beautiful autumn foliage here is such a treat.
ここの美しい紅葉を見るのは本当に楽しい。

楓の木が沢山あるニューイングランドの紅葉は特に綺麗ですので、チャンスがあればぜひ見に行って下さい。
そして紅葉狩りは英語でどう表現するのでしょうか。アメリカ人とイギリス人は日本人ほど紅葉狩りをしないと思いますが、ニューイングランドには紅葉狩りをする人が多く居ます。最近まで紅葉狩りを正確に訳すフレーズは無かったかと思いますが、最近「leaf peeping」というフレーズが使われるようになりました。このフレーズは新しく出来たものなのでフォーマルな英語とは言えませんが、紅葉狩りという言葉の意味にぴったりと合うと思います。また、紅葉狩りをする人は「leaf peepers」と呼ばれています。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • 拝啓 luke 様
    this photo was very nice view !!
    『foliage 』はあまり聞き慣れないセンテンスですね?
    是非、今シーズンから使用してみます。
    今後もレッスンお願いします。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *