なぜ12時間もノルウェーのテレビでまきの火が放送されたのか、そして火を英語でどの様に説明するのでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

Norwegian fire
先週の金曜日にノルウェーのNRK局「ノルウェーの公共放送局」で12間にわたりまきの火についての番組が放送されました。日本のNHKでもし半日もの間薪についての番組が放送されたら、激しい抗議が上がりそうです。しかし、北ヨーロッパではまきの火は文化の重要な一部なので、20パーセントのノルウェー人が金曜日にその番組を観ました。12時間のうち、4時間ぐらいは薪の正しい割り方などのまきの火のアドバイスが放送されました。そして、まきの火の生中継が金曜日のテレビのピークに8時間もありました。視聴者は暖炉の炎をずっと観ていました。たまに、NRKの従業員は炎に新しい薪を入れました。カメラマンはたまに炎の上でマシュマロを焼きました。でも、主な時間は炎のパチパチしている音しかありません。

同時にノルウェーのツイッターでは、薪を斧で割る時に木の皮を上に向けたほうがいいのか下に向けたほうがいいのかという激論が交わされました。一人の視聴者は「I tried to throw a log on the fire, but got mixed up, and smashed it right into the TV. 火の中に薪を投げ入れようとしたが、混乱して薪をテレビに激突させちゃった。」とツイートしました。これはノルウェーのおやじギャグだったと思います。もう一人の視聴者は「I couldn’t go to bed because I was so excited. When will they add new logs? あまりにも興奮して寝られなかった。いつ新しい丸太を加えるでしょう」とツイートしました。
やはり、薪や火の話を英語でできないと、北ヨッローパではこの重要な文化に参加できません。ですので、今回いくつかのまきの火に関する英語を挙げてみます。

log 丸太
firewood 薪
fireplace 暖炉
chimney 煙突
cut firewood 薪を割る
axe 斧
stoke a fire 火をかき立てる
flames 炎
sparks 火花
start a fire 火をおこす
a box of matches マッチ箱
flue 煙道
ash 灰
smoke 煙

10 件のコメント

  • はじめまして。
    すみません、質問をどこにしたらいいのかわからなくて、ここで質問します。
    I can’t wait give you beats とはどういう意味なのでしょうか。
    このあいだ。近々会う予定のイギリスの友達の誕生日に、congratulation!!(←Is this word little formal?と、メールを送ったところ
    yeah in england where we are for informal we would go ‘i cant wait to give you beats’
    という返信が来ました。
    話がかみあっているんでしょうか??
    もしかしたら、わたしの英語がうまく伝わってないかもしれません…!(>_<)
    メールの感じから、I cant wait to give you beats は、悪い意味では無いようなんですが…
    なんとなーく、congratulationをinformalに訳してくれた感じの表現にはみえません、どちらかというと、「はやく会いたい」という、前のメールの内容を訳しているような感じがしました。
    質問が長くなってすみません。
    よろしくお願いします!

    • Hi Yurika,
      I guess people usually say “Happy Birthday” more than “Congratulations”. “Congratulations” is not particularly formal, nor is it particularly informal. I don’t know what “give you beats” means, but we used to use the phrase “the birthday bumps”, which is when you throw someone up in the air on their birthday.

  • It’s not about that, but I want to ask you…
    How do you say ものまね in English?
    Because, when I said take off as ものまね to American, he couldn’t understand as that meaning…

    • Hi Mizuki,
      You would probably use “do an impression”. For instance “do an impression of Tony Blair” is “トニー・ブレアーの物まねをする”. I hope that helps.

  • Hi Luke, your blog is great! I’ve just started read tons of your post. By the way, it is interesting about Norway. I don’t know about them chocolates. And you use 薪, 薪 is just about thing not acting I guess. You should put the list たき火(setting place on fire?) and “bonfire” (http://ja.wikipedia.org/wiki/焚き火). Thanks for great post!
    <3

    • Hi Seiichi,
      Thanks very much. Firewood is just a noun, not a verb. I should definitely add bonfire to the list. Bonfires are outside fires. Are all 焚火 outside fires?

  • 初めまして。
    私はそういう番組を見てみたいですけど、
    NHKでは無理かもしれませんね。
    丸太の log と日誌の log には
    どんなつながりがあるんでしょうか?

  • 外国人と話してる時になんと言えばいいか困ったこと。ドクターフー日本でもテレビ放送されていた。
    あの番組まだイギリスではやっているの?。ロンドン在住時、ドクターブーみかけなったよ。日本では、あの番組終了したよ。ってなんていったらいいのですか?

  • Hi, Luke!(ここではじめましてと英語で言いたいのですがNice to meet youとブログのコメント欄に書き込んだりしていいのでしょうか)
    Now I asked two Norwegian friends of mine about it, but they say they don’t know such a cultural event.
    Is it true?

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。