「you guys」の意味と使い方、数人の友達と話す時に使うスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「you guys」というフレンドリーな感覚があるフレーズは「あなたたち」や「みんな」という意味になります。「you guys」はアメリカ南米で使われている「y’all」に似ています。通常、「you」は曖昧な言葉です。一人を指しているのか、数人を指しているのかがはっきりしてないので、ネイティブは数人を示す時には、様々な工夫をしています。「you guys」はそれらの工夫の1つで、「guy」と違い、男女を問わずに使えます。多くの場合、「you guys」は自分の友達に対して使うフレーズですが、たまに知らない人に対しても使えます。

では、「you guys」を使った例文をみてみましょう。
3人の友達からプレゼントをもらった場合:

You guys are the best! Thanks so much!
あなたたちは最高だ!本当にありがとう!

また、数人の友達と一緒に山を登っていて自分が友達より遅い場合:

Hey, you guys! Wait up!
ねえ、みな!待って!

「you guys」に似ている英語は沢山あります。イギリスでは「you lot」がよく使われています。先ほど言ったように、アメリカ南米では「y’all」をよく耳にします。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • 雑誌の記事で突然you guysが出てきてなんじゃこりゃ。
    と思って調べていました。
    単純に「あなたたち」という意味なんですね。
    ありがとうございます。

  • 英会話の、ネイティブの先生に送ったレッスンキャンセルお願いメールの返信に「See you guys next week」とありました。
    ニュアンスが分からず、調べていたらあるサイトで「お前ら」との説明が!
    うわぁー先生怒ってる。。。とドキドキしてたところでした。
    ありがとうございました!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *