「rain check」というフレーズの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「rain check」というフレーズはあまり「rain」に関係があります。実際、「rain check」とは誘いを丁寧に断る言い方です。つまり、「rain check」は今回参加しないよ」という意味になります。多くの場合、「rain check」と「take」を組み合わせて、「I’ll take a rain check.」と言います。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

I’ll take a rain check this time.
ほかの機会にさせてください。

How about a rain check?
また今度にしてくれる?

このフレーズは雨で中止になったということに由来します。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • 本日ネットサーフィンをしていて貴HPにたどり着きました。
    HPの内容、構成など素晴らしいと思います。英語に対する見識だけでなく、日本語の見識の深さに感動すら覚える程です。日本で生まれ育って、日本語しか話せない自分が情けなく思います。
    ブックマークさせて頂きました。また来ます。
    多分誤植だと思われる点を一カ所
    説明の最初の行の
    「あまり「rain」に関係があります」は
      「あまり「rain」に関係がありません」
    だと思います。
    失礼かとは思いましたが、コメントさせて頂きます。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *