Virtuous Spirals and Vicious Circles、「virtuous」と「vicious」という英語の意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「悪循環」というよく使われる日本語表現を英語に訳すと、「vicious circle」や「vicious cycle」となります。これらの表現は,新聞や会話やビジネスプレゼンテーションでしばしば耳にしますが、最近、「virtuous spiral」という反対語も使われるようになりました。「virtuous spiral」の意味は、ある事柄が他の良い状態を引き起こして、それがまた先行する事柄によい影響を与えるという関係が繰り返して、事態が改善されていくということです。「virtuous circle」と「virtuous cycle」という表現も使われていますが、僕にとって、「virtuous spiral」がもっとも綺麗な響きがあると思います。ちなみに、「spiral」という英単語の意味は「螺旋」です。

Vicious


「vicious」という形容詞は、本当に力があり、生き生きとした単語だと思います。この単語を説明するために、セックス・ピストルズのシド・ヴィシャス「Sid Vicious」を例として使います。「Sid Vicious」はパンクの代表的なベーシストです。「Sid Vicious」という名前は本名ではなくあだなです。実は、彼は子供の頃、「Sid」というハムスターを飼っていたのですが、ある日友達が「Sid」に噛まれて、「Sid is really vicious!」と言いました。その日から彼は「Sid Vicious」という名前で呼ばれました。これは、少し変な話かもしれませんが、要するに、「vicious」は「Sid」というハムスターと同様に「凶暴」、「卑劣」や「悪意がある」という意味しているのです。「vicious」の類語は「nasty」や「hateful」や「bloodthirsty」です。また、「vicious」と「looking」を組み合わせて「vicious-looking」にすると「見るからに危険な」という意味のフレーズになります。よく耳にする「vicious」を使った言い回しをいつく紹介します。

a vicious dog
猛犬
a vicious wound
ひどい傷
vicious remarks
悪意のある言葉
a vicious-looking sword
見るからに危険な剣

Virtuous

「virtuous」は形容詞で、「virtue – 徳」という名詞に由来しています。意味は、「高潔な」や「身を修める」です。「virtuous」は多くの場合、人に対して使われています。なぜならば、「virtuous」なことをするように、道徳的な判断をしないといけないからです。例えば、「Sid」というハムスターがとても優しかったとしても、人間レベルの意識を持っているわけではないので、「Sid」に「virtuous」という形容詞を付けることは出来ません。 
よく耳にする「virtuous」を使った言い回しをいくつか紹介します。

a virtuous person 徳の高い人
a virtuous life 高潔な生活
virtuous motive 立派な動機
virtuous indignation 道徳にかなった憤り

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *