Painとache はどういうふうに違う?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

Hey, 最近、僕の回りで、「pain」と「ache」を混同している人は一杯います。 「Pain」と「ache」は両方とも、
痛みの意味を持っているけど、 ニュアンスは微妙に違います。

Ache について重要なポイントは

1. Acheは鈍い痛みを表現する。 Ache は骨の中にある痛みとか、運動の後の筋肉痛とか、そういう体内の鈍い痛みを表現する。
E.g. headache, heartache, stomache ache, muscle ache, tooth ache

2 . Ache はpainと違って、形容詞としても使える。 例えば、I have an achy feeling in my body. Achyは砕けた感じで、話し言葉だけだ。

3. 最後は、acheは体の痛みだけではなくて、心の痛みも表せる。 My heart is aching. は精神の痛みを表す。She is causing me heartache.
は 彼女のことで胸が痛む っていう意味かな。 好きな人が自分に痛みを与える時はheartache をよく使う。 
Heartache は歌によーく出てくるよ!

Pain について重要なポイントは

1. Painは鋭い痛みを表現する。 Acheと比べると 普通は、体の外側にある痛みを表す

2. Pain は短期間の痛みと長期間の痛みを表せる。 (Acheは大体長期間の痛みを表す)

3. Painは人を侮辱する時に使える。 You are such a pain! お前は本当にめんどくさいね!

Have と got はよくpain と ache と組み合わせて、使う。
Here are some examples.

Ah, man, I’ ve got a horrible aching pain in my belly.
ああ、お腹が酷く痛いよ。

I have this ache in my tooth and it just won’t go away.
僕は歯が痛いよ。 しかも治らないんだよ。

I have an awful stabbing pain in my foot.
足に刺すような酷い痛みがあるよ!

Hey, buddy you know what you are?
What?
A pain in the ass!
ええ、お前は自分が何か分かっているのかい?
ううん、何?
お前は、僕の尻にある痛みだぞ!

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

3 件のコメント

  • いつも参考にさせてもらってます。
    初めて、お便りします。
    ここの使い方がよく分かりませんが、質問はこの欄でよろしいでしょうか?
    英作文でいつも迷うのが of と about の使い方です。
    例えば、「考える」、あるいは「聞いている」と言うとき、
    think of , think about とか hear of , hear about
    のどちらを使えばいいかわかりません。
    宜しくお願いします。

  • A pain in the ass → 面倒くさいなー!!(面倒な奴だな) と
    とりあえずは英語でなんと言う?
    にご自身で 書かれてますので、この場合も その方がよろしいかと、、、

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *