Asとlikeの違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

Asとlikeはどういうふうに違うのでしょうか。 

「Like」は「similarity 類似、共通点」を表現します。
「As」 は「のように」や「のとおりに」を表現します。

「As」は「like」よりもっとフォーマルな言葉です。

例えば、「things were just like I remembered them to be」より「things were just as I remembered them to be」という文章のほうがフォーマルです。

むしろ、通常の会話ではlikeのほうが使われています。

Like

Likeを使う文章の構成は通常は 名詞+動詞+like+名詞

名詞+動詞+like+名詞

He acts like an idiot.
彼は馬鹿みたいな行動をする。

名詞+動詞+like+名詞

She sings like an angel.
彼女は天使のように歌う。

As

As を使う文章の構成は通常は 名詞+動詞+as+やり方

He is free as a bird.
彼は鳥のように自由だ。

He is as happy as a pig in mud.
彼は泥の中にいる豚のように幸せだ

Nobody sings as he does.
誰も彼のようには歌えない。

あと、「as」は人の役割や仕事を説明します。 この使い方はフォーマルではありません。

He works as a policeman.
彼は警官として働く。

He used the book as a doorstop.
彼はドアストッパーとして本を使った。

以下のことに注意!

たまに、「as」と「like」でも全く違う意味になることもあります。

例えば、

As your mother, I must give you a present for your birthday.
私は母親なので、誕生日にプレゼントをあげるべきだ。

Like your mother, I must give you a present for your birthday.
お母さんのように、私は誕生日にプレゼントをあげるべきだ。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • こんにちは!はじめまして!
    Lukeさんの、このサイト、とっても活用させて頂いてます。日本にいながらも、本場の英語の感覚を知ることができて、とても嬉しいです。ありがとうございます。学校で勉強した英語だけでなく、ネイティヴが使っている英語をもっともっと知りたいと思います。
    私は、海外の方とコミュニケーションをとるのが大好きです!もっとヒアリングもスピーキングも出来るようになって、相手の考え方感じ方をもっと知りたいと思います。
    どうして、Lukeさんは、こんなにも日本語がペラペラなのですか?
    私もLukeさんと同じくらい英語を話せるようになりたいです。そして、翻訳や通訳の仕事にもとても興味があります。日本語と英語、言語は違いますが、そういう中でも、言葉のニュアンスを伝えられる人になりないです。翻訳や通訳の仕事にもとても興味があります。英語を話す海外の友達を日本でも作りたいのです。
    初めてコメントを書くのに、色々気になることがあり、聞いてしまい、すみません。
    何か良いアイデアがありましたらぜひ教えてください。お願いします!
    お忙し中だと思います。
    まだまだ寒い日も続きますので、お体にはお気をつけ下さい。
    Yurina

    • ps
      こういうコメントを書くのは、
      ここではなかったですね。コメントを書く場所を間違え失礼いたしました。
      あと、通訳や翻訳の仕事に興味があるのと、日本で海外の友達を作りたいというのは、それぞれ別のご相談です。
      書き方がややこしくなってしまって、すみません。

  • Hi Luke,
    I think These expressions are almost the same:
    ・things were just like I remembered them to be
    ・things were pretty much same as I remembered them to be
    ・things were almost the same as I remembered them to be
    For example,
    A: “I opened P.O.Box few weeks ago.”
    B: “What is it?”
    A: “P.O.box is an abbreviation for Post Office. It is just a place where you can send mail.”
    B: ” What do I have to do for sending my mail ?”
    A: “When you are going to write a letter or send a package,you’d write the address of the P.O.Box as destination on your box or your letter.”
    B: “Now,what about your existing address?”
    A: “Your letter or package goes somewhere where I can go to pick the mail up.
    It’s Just Like mailing it to me.
    But, it just goes to a P.O.Box instead which I can not actually access.”

  • 初めまして。ルークさん。
    私はオーストラリア在住イングリッシュネイティブ女性と仲良しでメール交換しています。
    その中で”as”の用法が未だ曖昧で悩んでいます。例文です。
    I am going to Auckland for 10 days as friends 60th wedding anniversary 18th November.
    この場合のasはルークの説明で言うとどれに当てはまるのか分かりません。文の意図するところから、「〜として」「〜なので」と訳せる事はわかりますが果たして本当にそれでいいのか疑問が残ります。
    もう1つあります。
    He works as a policeman.
    彼は警官として働く。
    とありますが、「彼は警官のように働く」は間違いですか?likeで置き換えられないということでしょうか。100%警官であるといつでも断定の意味ととらえていいのでしょうか?
    お答え下さったらとてもありがたいです。よろしくお願い致します。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *