英語での鳥の言葉

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。
今日は、鳥について英語を書きます。 イギリスの鳥種類とアメリカの鳥の種類は大分違うから、そページを分割して、三つのページになってしまった。 

できるだけ、日本人が馴染んでいない鳥は写真を投稿しました。

Wing
Feather
Bird’s nest 鳥の巣
Chick 雛 ヒヨコ
Chicken coup 鳥小屋
Beak 嘴 クチバシ
Tail feathers 尾羽
Pigeon
Buzzard のすり
Hawk 鷹 タカ
Eagle 鷲 ワシ
Crow カラス
Song bird 小鳥
Baby bird 雛鳥
Bird cage 鳥かご
Dovecot 鳩小屋
the bird spreads its wings 鳥は羽を広げる
the bird flies away 鳥は飛び去る
the bird pecks at the feed 鳥は餌をつつく
the bird catches a worm 鳥はネズミを掴む
the bird makes a nest 鳥は巣を作る
the bird rears its young 鳥は雛鳥を育てる
she feeds the bird 彼女は鳥に餌をやる
the birds are singing 鳥が鳴いている
the birds are twittering/ the birds are chirping 鳥が囀っている

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。