テントウムシは英語で何と言えますか ー 「ladybird」、「ladybug」、「lady beetle」の使い分け

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

テントウムシの英語テントウムシは英語でなんというでしょうか。テントウムシを和英辞書で調べると、多くの場合、三つの英訳が出てきます。それは「ladybird」、「ladybug」、「lady beetle」です。でも、これらの言葉はどのように使い分けたらよいのでしょうか。

英国、オーストラリアや南アでは、「ladybird」が通常使われています。北米では、「ladybug」が使われています。そして、科学者は「lady beetle」と言います。厳密にいうと、テントウムシは甲虫だからです。

では、なぜ「ladybird」には、「lady –女性」という言葉が入っているのかを考えたことはありますか? それは、天道虫が女性っぽいとか「Lady Gaga」っぽいとかという理由ではなく、テントウムシは聖母マリアに関わっているからです。昔の絵では、聖母マリアは、テントウムシに似ている白い点がある赤いマントを纏いました。このマントは聖母マリアの幸せと悲しさを象徴しました。ですので、英語圏の国では、他の虫より、テントウムシは大事にされている虫です。
イギリスの方言では、テントウムシには他の名前もあります。例えば、「God’s cow」、「ladycock」、「lady cow」、「lady fly」などです。やはり、テントウムシは斑点があるので、少し牛みたいでしょう。

英語圏の子供は幼稚園でテントウムシについて以下の童謡を歌うことがあります。

Ladybird, ladybird, fly away home

Your house is on fire and your children are gone

All except one, and that’s Little Anne

For she has crept under the warming pan.

このような童謡があるなんて信じがたいですね。テントウムシのサンバと全く違う感じがします。

8 件のコメント

  • おもしろーい!!
    てんとう虫にそんな逸話があるなんてはじめて知りました♪♪
    しかも、てんとう虫のサンバをご存知なことも驚きました。もしかして歌えますか?!私は歌えません笑。

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。