sassの意味とは、南部アメリカでよく使われているスラング

  

このあいだ僕が飛行機に乗っている時、女性客のひとりが次の様に言うのが聞こえてきました。
 

I don’t think your father and sass belong in the sentence.
あなたのお父さんと生意気が同じ文章に含まれるとは思いませんよ。


 
この英語はちょっとわかりにくいと思いますが、意味はあなたのお父さん全く生意気ではありません。

sassという単語を聞いたことがあるでしょうか。アメリカ人はよくこの単語を使います。この単語は実は19世紀に使われる様になり、サースという意味のsauceという単語が語源です。特に、南部アメリカで使われていて、実際に飛行機の中でこの単語を使っていた女性には強い南部のアクセントがありました。このsassという単語がどのように使われているいるのか見てみましょう。

sassがある人は生意気な態度をとっています。この単語はimpudenceやcheekinessという英単語と似ていますが、とても元気のある人物について話す時にもよく使われます。否定的な意味と肯定的な意味のどちらとしても使うことができます。
 

Don’t give me any more of that sass.
それ以上生意気な口を利くな。

sassはyを加えることで形容詞として使うこともできます。sassyはcheekyやimpudentと似た単語です。生意気な答えをする人はよくsassyと呼ばれています。
 

Patrick is a really sassy man.
パトリックは本当に生意気なやつです。

 

My mom always becomes sassy after a couple glasses of wine.
僕の母はワインを数杯飲むといつも横柄になります。

場合によっては、sassがある人はカリスマ性があって面白い人物であるということを意味することができます。
 

What kind of guy do you like?
I like a man with sass.
どんな男が好きなんですか?
カリスマ性があって面白い人ですね。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ