go to the dogsの意味とは ー 米大統領選とBrexitの影響でこのフレーズはアメリカとイギリスでより使われるようになるかもしれません

  

国民投票でイギリスはEU離脱が決まったので、僕は自分の国はダメになったなとよく思うようになりました。今日の米大統領選の結果もアメリカにあまりいい影響を与えなさそうです。イギリスとアメリカの現状を表すには、go to the dogsというフレーズがぴったりだと思います。何故ならば、以前は成功していた施設や国がダメになった時、go to the dogsを使うからです。


5年後、イギリスについて話す時に、以下の例を言えるかもしれません。

After the Brexit vote, the UK went to the dogs.
EU離脱の国民投票の後、イギリスは落ちぶれた。

go to the dogsを日本語にすると、「落ちぶれる」や「ダメになる」が良いでしょう。別な英語にすると、「become much less successful than before」といえます。上の例を使うと、以下のようになります。

After the Brexit vote, the UK went to pot.
離脱の国民投票の後、イギリスは落ちぶれた。

go to potというフレーズも同じように使われます。

After the Brexit vote, the UK was much less successful than before.

go to the dogsは文字通りに、「犬に行く」ですが、なぜこのフレーズは「ダメになる」や「おちぶれる」という意味でしょうか。昔、捨てたいゴミやいらない食べ物は犬にあげたので、ダメになった食べ物などはgo to the dogsというようになったという説があります。

When I went to this school, it was a great place. Now it’s really gone to the dogs.
私がこの学校に通っていた頃は、素晴らしいところだった。今は本当にダメになった。

The bus service has really gone to the dogs lately. It’s not like it was before!
最近このバスのサービスはダメになった。前みたいな感じじゃない!

人のキャリアがダメになる時にもgo to the dogsが使えます。

His career as a scientist went to the dogs after he took up drinking.
彼はお酒をたくさん飲むようになってから、キャリアはダメになった。

この記事を読むと、みなさんは僕が米大統領選とBrexitの投票とでがっかりしたことが分かると思います。日本もgo to the dogsにならないといいですね。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ