高齢者を意味する英語ー「elderly」や「old person」、どのような呼び方が失礼なのでしょうか

  

昔、年取った人達はよく「old person」と呼ばれていましたが、現在は「old person」と呼ばれるのを嫌がる人が多くいます。この「old person」の代わりになる英語はどのようなものかというと、一般的に「elderly person」もしくは「older person」が丁寧な呼び方です。「older person」は比較級なので、「その人がoldなのではなく、若い人に比べると年上」という意味になります。なので、この呼び方の方が失礼がないと思っているネイティブが多くいます。

There are lots of old people in Ueno.
上野には年寄りが沢山います。

上記の例文より、以下の二つの言い方のほうが丁寧ですね。

There are lots of elderly people in Ueno.
There are lots of older people in Ueno.
上野に高齢者が沢山います。

どちらかというと、「elderly person」より「older person」のほうが丁寧ですね。

そして最近は、「senior citizen」という呼び方が一番丁寧だと思っている人が増えてきています。

Senior citizens wield a lot of political power in Florida.
フロリダ州では高齢者は政治力を振る。

このサイトの新着記事を読みたい方は、ぜひFacebook、Twitter、Google Plusで英語 with Lukeのコミュニティーに入って下さい。あと、僕のTwitterをフォローしてくれると嬉しいです:)
スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ