「TBA」の意味と使い方、英語圏の予定表によく出てくる略語

  

「TBA」は「to be announced」という言葉を省略したものです。日本語にすると、「未発表」という意味になります。「TBA」は英語圏のスケジュールによく書いてあって、イベントや会議などが予定されているけど、そのイベントでまだ決まっていない情報があるという場合に使われます。たとえば、来週の水曜日にミーティングを開くけど、どこの部屋を使うのかがまだ決まっていない場合、以下のような英語をスケジュールに書きます。

Meeting: Management Techniques with Jennifer Walker
Meeting time: January 15th, 3:00 p.m.
Meeting place: TBA

また、場所は決まったけど時間がまだ決まっていないという場合も、「TBA」が使えます。たとえば、エリック・クラプトンというミュージシャンが来日してイベントを開く事は決まったけど、日付がまだ決まっていないという場合、以下のような情報が適切です。

An Evening with Eric Clapton
Venue: Big Dome, Tokyo
Date: TBA

「TBA」はフォーマルなビジネスの会議でも、インフォーマルなテニスの試合などでも使われています。スポーツのトーナメントでは、どのチームが試合を突破するかまだ決まっていない(まだ分からない)ので、「TBA」はよくスポーツのスケジュールに出てきます。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ