beltwayの意味とは アメリカの選挙期間によく耳にするフレーズ

  


僕はワシントンDCに引っ越したばかりの頃、「inside the Beltway」というフレーズを何度か耳にしたのですが、最初の数日は意味が分かりませんでした。例えば、ラジオでキャスターが「traffic is very heavy inside the Beltway this morning」と言っているのを聞いたり、ワシントンDCの朝のニュース番組が「The Beltway」という番組名だったりもしました。そして数日後僕が分かったのは、「the Beltway」というのはワシントンDCの周りをベルトのように丸く通る高速道路だということでした。Beltwayを渡ると、ワシントンDCの都心に入ります。なので「inside the Beltway」は日本語だと都心という言葉に似ています。したがって「outside the Beltway」は都下という意味になります。他のアメリカの都市も「beltway」という都市の外側を回る高速道路がありますが、「inside the Beltway」は通常ワシントンDCのみの高速道路を表すフレーズです。なのでこのフレーズを使う時には、「beltway」ではなく頭文字が大文字の「Beltway」になります。つまり、「Beltway」はワシントンDCのニックネームとして使うことができます。


今朝、電車に乗りながらWashington Postを読んでいたら、このような文章が出てきました。

Already, Democrats are running ads that rely on Romney’s remarks. This wouldn’t be a huge problem if the controversy were restricted to the Beltway, but it isn’t.
民主党は既にロムニー氏の発言に由来するコマーシャルを流している。これがワシントンDCの政治に限られている論争であればさほど大きな問題にならないであろうが、そうではない。

ここでいうthe Beltwayとは、ワシントンDCよりワシントンDCの政治という意味になります。ワシントンDCはアメリカの首都なので、「the Beltway」は地方政治ではなく、議会や大統領の政治というニュアンスでよく使われています。今はアメリカの選挙期間ですので、アメリカの新聞を読んでいる方はこのフレーズを見かけるかと思います。つまり内容にもよりますが、時に「Beltway」は国政という意味になり、時にワシントンDCという意味にもなります。以下の例文の中では、Beltwayは国政という意味で使われています。

数日前のWall Street Journal の大見出し

Despite Beltway Furor, Clean Tech Creates Jobs Both Red and Blue
ワシントンDCで起きている政治の騒動にもかかわらず、クリーン・テクノロジーは共和党と民主党の両地域にある仕事を作り出す

昨日のFox Newsの大見出し

Bio-weapon surveillance system under attack in Beltway
ワシントンDCの政治家から生物兵器の監視システムは攻撃を受ける

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ