「keep in touch」の意味  「keep in touch」はいつ使いますか?

  

「keep in touch」は「連絡を取り合う」という意味になります。では、なぜ「keep in touch」には名詞の「touch」と動詞の「keep」が使われている のでしょうか。「touch」は二人がコミュニケーションを取っているという意味になります。一方の人に新しい出来事があったら、相手に知らせるという意味です。ですので、「loose touch」 はコミュニケーションを断つという意味になります。

通常、「keep in touch」は主に手紙やメールのコミュニケーションを示しています。もし電話のコミュニケーションを示したい場合、「talk to you soon」などの言い方がいいと思います。


「keep in touch」の使い方をみてみましょう。「keep in touch」はメールや手紙の最後のところで書きます。「keep in touch」を結びの言葉として使うことが出来ます。

Let’s keep in touch.
連絡しろよ。

I really hope we can keep in touch.
これからも連絡を取り合いたいね。

「結びの言葉として」
Keep in touch!
Luke
連絡してね。
ルーク

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • japanesey says:

    I really love this site!

    • manami says:

      アメリカ人とライン交換したときにjust keep in touchってきたけど、そのあとの返信になんで返すのがベストなのかわからないので教えて欲しいです。

コメントをどうぞ