「go bananas 」の意味と使い方

  

「go bananas」はとても面白い表現で、「気が狂いそうだ」「カンカンに怒っている」、「頭がおかしくなる」などという意味になります。しかし、「go bananas」を本当に気が狂っている人に対しては使わず、通常は冗談として使います。

1.He went bananas when he saw the messy kitchen.
散らかった台所を見て、彼は気が狂いそうだった。

2.If I do all of this work, I am going to go bananas.
私はこんなに沢山の仕事をしたら、頭がおかしくなっちゃうよ。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • Anonymous says:

    セックス

  • のっこっこ says:

    以前、ハワイのジューススタンドで”Go Bananas”という名のジュースを注文したのですが、スパイシーなハーブっぽい味でぜんぜんバナナ味じゃなかったんです。あれって、もしかしたらバナナジュースなんかじゃなくて、「気が狂いそう」なフレーバーのジュースって意味だったんでしょうか!?

コメントをどうぞ