糞やうんこを意味する英語 丁寧な言葉とスラング 13言葉

  

うんこを意味する英語が沢山あります。丁寧な言葉、失礼な言葉、若者が使う言葉、なんでもあります。

丁寧な言葉

「feces」は病院でよく使われる言葉で、「便」という日本語に近いでしょう。

「excrement」もとても丁寧で、すこし科学的な言葉です。排出物の意味に近いでしょう。

「bodily waste」も「feces」と「excrement」と同様に「便」を意味します。

「manure」や「dung」は動物の排出物です。

日常英語

「poo」という言葉は一般的で「うんこ」のニュアンスに一番近いでしょう。「pooh」というスペルもあります。

「poop」は「poo」と同じ意味になります。

「turd 多くの場合、「turd」は犬に対して使われます。例えば、「dog turd」は「犬の糞」です。

スラング

dump はスラングで、「take a dump」「ウンコをする」というフレーズがよく使われます。

crapもスラングで、「do a crap」や「take a crap」というフレーズをよく耳にする。「crap」は丁寧ではありませんが、スラングの中では一番丁寧な言い方だと思います。

shitは「crap」より失礼です。

「shit」、「crap」と「dump」が一番人気なスラングですが、他のスラングもあります。

「dukie」や「dukey」はアメリカで使われるスラングです。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ