英語タイトルの大文字ルール

  

英語で論文やメール、物語や日記を書く時、見出しに大文字を使うルールを把握する必要がある。
 英語ではこのルールをキャピタライゼーションルール (capitalization rules)と呼ぶ。

タイトルの始めと終わりはどんな単語でも頭文字を大文字にする

名詞、代名詞、動詞、形容詞、従属接続詞、副詞は、単語の頭文字をすべて大文字にする

冠詞と等位接続詞と前置詞と不定詞のtoを小文字にする (ただし前置詞は5文字以上だと、大文字にしてもよい)

この三つのルールに従うと見出しの大文字は正しく書ける。
ただ、実際どんな単語が従属接続詞かを理解するのはなかなか難しいと思う。

従属接続詞

although once since than that till until whether while because before how when where as if after though

冠詞

a the

等位接続詞

and or not but for

例文

The Once and Future King

等位接続詞の「and」は小文字

To Be or Not to Be

等位接続詞のor と不定詞のto は小文字

The Time of Their Lives

前置詞のof は小文字 形容詞・指示代名詞のtheirは大文字

The Lord of the Rings

前置詞のof と冠詞のtheは小文字

Go Home Whether You Like It or Not!

等位接続詞のorは小文字 従属接続詞のwhetherと代名詞のitの最初の一文字は大文字

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • gaz says:

    こんにちは,ルーク

    『キャピタリゼーションルール』についてですが,小文字から始まる商品やソフト名についても
    大文字にしたほうがよろしいでしょうか?

    (ex)
    i-pod ⇒ I-pod
    dvips ⇒ Dvips  等・・・

    よろしくお願いします.

    • Luke says:

      それは会社によって、変わってくるので、会社のサイトを見て、正しい使い方を調べたほうがいいですね。

  • lolo says:

    分かりやすい説明、ありがとうございました!

  • tomozo says:

    こんにちは。
    とても分かりやすい説明ありがとうございました。
    ただ、一つ分からないので教えていただきたいのですが

    「タイトルの始めと終わりはどんな単語でも頭文字を大文字にする」

    「終わり」という部分がイマイチピンと来ません。
    文の最後の単語が通常、大文字にしない前置詞の場合でも大文字にするということでしょうか?
    ただ、そういう文は無いのかもしれませんが・・・

    これからも勉強したいので、ツイッター、フォローさせていただきます。

  • hiro says:

    こんにちは。

    2単語や3単語でひとつの名詞を示す場合はどうすべきでしょうか?

    例:脊柱起立筋
    Erector spinae
    Erector Spinae

  • rinako says:

    日本では、題名の際に「日本について」のように、「 」を使いますよね。英語では、「 」の代わりに何を使うのですか?
    それとも何もいりませんか?

    教えてください!(><)

  • Anonymous says:

    “As Time Gose By” の “By” はどうして大文字なんですか?

  • MasatoJPN81 says:

    関係代名詞は大文字表記にしますか?

  • メリー says:

    キャピタライぜーションの場合、
    所有代名詞 Myは文書の途中では、
    大文字ですか?

コメントをどうぞ