「the party’s over」の意味とは ー 楽しい時間が終わる時に使うスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

最近僕はダラダラと時間を過ごしがちなので、もっとシャキッ!としなきゃなと思った時に「the party’s over 」というフレーズが頭を過ったので、今日はこのフレーズについての記事を書きます。


「the party’s over」は文字通りだと「パーティーが終わった」になりますが、ネイティブはパーティーだけに限らず、何か楽しいことが終わった時にこのフレーズを使います。例えば、仕事の昼休みが終わる時には以下のように言うことが出来ます。

Okay guys the party’s over. Let’s get back to work.
じゃあみんな、これで楽しいことはおしまい。仕事に戻ろう。

職場でなくても、気持ちを切り替えたい時にこのフレーズはとても便利ですね。

The party is over. Now the real work begins.
お遊びは終わり。ここからが本番だ。

経済の話でも「the party’s over」が使えます。例えば、バブルが弾けて不景気になった場合などです。

The party is over for America. Now we have to start paying back our debt to China.
アメリカの好況が終わり、今から我々は中国に借金を返済しなければならない。

この「the party’s over」というスラングは20世紀中頃からよく使われるようになりました。現在も様々な場面で用いられています。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。