英語のポッドキャスト 2 – スティーブ・ジョブズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

When I read that Steve Jobs had died. I felt quite sad, as if a distant relative of mine had just died. I always looked forward to listening to his speeches. It was a joy to listen to his brilliant speaking skills. It was also exciting to see what new invention he had come up with.

Living in the time of Steve Jobs felt like a privilege, just as if I had lived in the time of Thomas Edison or Isambard Kingdom Brunel. Every couple of years Steve Jobs came up with a new invention that changed my life. I don’t think this is an exaggeration. The iPod changed the way I listen to music. The iPhone changed the way I communicate with friends. The iPad changed the way I read.
Steve Jobs led an eventful life. He dropped out of college and worked at a factory until he had saved up enough money to travel around India. While in India, he became a Buddhist and a vegetarian. He experimented with LSD and came back to America in orange robes and a shaved head. He started Apple with his friend, Steve Wozniak. The company went on to revolutionize the personal computer.
In 1985, however, Steve Jobs was fired from Apple, the very company that he had created. Directors at Apple said he was too autocratic. Steve Jobs, however, went on to say that this was the best thing that had ever happened to him. He founded a company called Pixar. Perhaps you have seen some of its films. Toy Story, Monsters Inc. and Finding Nemo were all made by Pixar.
When Steve Jobs went back to Apple, he changed the company’s fortunes. The company began to produce not only computers, but music players, phones and tablets. For a brief moment this year, Apple became the largest company in the world.
Technology will not change so quickly now that Steve Jobs is gone. It is hard to think of another person in the world who has his imagination and inventiveness. If he were to have lived for another ten years, I wonder what new inventions the world could have had.
distant relative 遠い親戚
come up with思い付く
exaggeration 大げさ
privilege 名誉
Isambard Kingdom Brunel イザムバード・キングダム・ブルネル
http://en.wikipedia.org/wiki/Isambard_Kingdom_Brunel

drop out of college 大学を中退する
revolutionizeに革命をもたらす
autocratic 独裁的な
company’s fortunes会社の運勢
imagination  創造力
inventiveness 創作力
iPod, iPhoneなどを使う方またはiTunesからこのポッドキャストをダウンロードしたい方は以下のリンクをクリックして下さい。iTunesにアップロードするには、少し時間がかかるので、金曜日からiTunesで使えると思います。
英語 with Luke ポッドキャスト
英語 with Luke のスラング辞書のアプリを買いたい方は、以下のリンクをクリックして下さい。
スラング辞書 - Eigo with Luke

1 個のコメント

  • は、あなたのウェブサイトに素晴らしいこの種のコンテンツを拡散に関連するありがとうございました。私はGoogleでそれに出くわしました。私はあなたがはるかにariclesを公開するたびに戻ってくることを確認することができます。あなたは現実的に最高品質の記事を作るhuan​​hangrn私は言うでしょう。これは私があなたのウェブサイトを訪問し、これまでにこの文書は素晴らしい作るために作られた研究とImは感動初めてです。素晴らしい仕事!かなり洞察力の記事を
    [url=http://bramptonsewnserge.com/voividir/1264.html]官能的な胸元の輝き トルネード?キュービックジルコニアネックレス:ZAZA STORE[/url]

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。