「do something to」の意味と使い方、何かを壊した時に使うフレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

英語圏の人達は何かを壊した時やけがした時には、「do something」というフレーズをよく使います。たとえば、
仕事でパソコンを使っている時に、変なボトンをクリックして、パソコンが固まった場合、以下のフレーズが使えます。

Oh no, I think I’ve done something to the computer.
やばい!パソコンを壊しちゃったと思う。

また、自分が少し太ってベッドに座ったら、ベッドは大きくきしんだ場合

Whoops. I think I just did something to the bed.
わあ、ベッドを壊しちゃったかも。

この「do」の使い方はあいまいで、どのように何かを壊したのかが分からない時によく使われています。
怪我した時にも、「do」はよく使われています。これは重傷した時ではなく、体内に何かを壊したが、具体的に何か怪我しているのかがよく分からない時です。たとえば、ジョギングをしながら、突然足首が痛くなる場合、

Ow, I just did something to my ankle.
痛い。足首を怪我しちゃった。

2 件のコメント

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。