CATEGORY 文化

Brexit means Brexit!!文化

三つの英語フレーズでイギリス人のEU離脱に対する現実を説明します。メイ首相とイギリス人はブレグジットに対しての本音はなんでしょうか?

先週、イギリス首相のメイは、英国議会でBrexit means Brexit does mean Brexit.と発言しました。この発言でブレグジットに対するイギリス人の本音をよく読めると思います。今回、メイ首相のBrexitに対する人気の発言を説明していきます。まずBrexit means Brexit.というよりシンプルなフレーズを分析しましょう。

flea marketの絵文化

英語のcalque – なぜ枕詞と武術は両方ともcalqueなのか?

言語学において、calqueとは逐語的に、つまり一語一語同じ言葉を使った翻訳を通して他の言語から借用した単語またはフレーズです。英語にはたくさんの面白いcalqueがあります。例えば、中古品を売る野外市であるflea market(ノミの市、古物市)はフランス語のmarché aux pucesから来ており、これは market with fleas(ノミのいる市)という意味です。この理由ですが、この名前はもともとノミがいる可能性のあるような粗末な中古品を専門としたパリの市場につけられた名前だったのです。

世代の絵フレーズ

各世代の名称を英語で何と言うでしょう? – 沈黙の世代からZ世代まで

アメリカでは、各世代の特徴と傾向を基にして世代毎に新たな名前がつけられています。古い世代の名前の方が、X世代またはZ世代の様な創意に欠ける名前を持つ近代の世代の名前に比べ、より面白いようです。おそらく将来的には、これら新しい世代にも面白い名前がつけられるのだと思います。

Snowflakeスラング辞典

snowflakeは雪片という意味ですが、最近流行のスラングになりました。

snowflakeは最近とても人気となったスラングです。政治的な議論やアメリカのテレビ上で使われているのがよく聞かれます。トランプが大統領に当選して以来特に人気になりました。snowflakeというスラングにはいくつかの異なる意味があるのですが、ポジティブなものもあればネガティブなものもあります。

ビールの絵文化

ビールを英語で注文するには、どのようなフレーズが必要でしょうか

先週、ドイツのミュンヘンに行ったので、ビールについての英語を紹介したいと思います。ドイツでは、ビールを売るときにはliter「リッター」で測っていますが、英語圏の国では、pint「パイント」を多く使い、パイント単位のグラスでビールを飲みます。そして、通常そのグラスをglassではなくて、pintと呼んでいます。ビールを注文する時には、Can I have a glass of beer? は正しい英語ですが、Can I have a pint of beer? のほうが自然な英語になります。   バーやパブでは、通常いくつかのビールの種類から選ぶことができます。注文時には、ビールの名前や種類をよく使います。  

文化

同音異義の英語と同音異義の親父ギャグ

発音が同じですが、スペルが違う英単語が沢山あります。これらの単語は英語で、homophone と言います。homophoneはラテンに由来していて、「同音」という意味になります。たとえば、「天気」を意味するweatherと「~かどうか」を意味するwhetherは同音異議です。僕は小学校のころ、これらの単語のスペルによく混乱してしまいました。たとえば、今日はいいお天気ですね。を書こうとして、whetherを書いたのです。ネイティブの小学生はこのような間違いをよくしますが、日本人は英語を習う時にこのような間違いをあまりしないようですね。

侍、芸者、忍者は英語でいつ頃使われるようになったのでしょう。この3つの単語の歴史を見てみると、日本と英語圏の国の関係を紐解くヒントになると思います。

青い線:samurai 赤い線: geisha 緑線:ninja 侍、芸者、忍者という単語は英語でいつ頃使われるようになったでしょうか。今回、Google Ngramのデータで、英語でsamurai、 ninja、geishaという単語が1850年から2010年までの間にどれぐらい使われているかを分析してみたいと思います。データを見る前は、英語で一番よく使われているのはninjaだろうと思いました。ハロウィンに忍者の仮装をするアメリカ人が沢山いるからです。