ミスをした時にネイティヴが咄嗟に口にする英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

僕は、足の小指をぶつけてしまって痛い時や、物が壊れてしまった時、出掛けに鍵が見つからない時など、よく damn や oh no などと口にしてしまいます。しかし、もしかすると日本人は欧米人ほどそれをしないのではないでしょうか。なぜなら僕の周りで「クソ!」と言う日本人はごくわずかだからです。咄嗟に「クソ!」と言うと、周囲の人はひいてしまうかもしれませんね。

しかし、ドジを踏んだり失敗した際などに何か言うのは、欧米では普通の行動です。今回はそのような場合に使う英語を紹介したいと思います。
まず、考えないといけないのは、怒っている際に使う英語にも、汚い言葉とそうでない言葉があるということです。今回は、後者の言葉を紹介します。日本でも同じだと思いますが、汚い言葉を好まないネイティブは沢山いるからです。
以下の英語は様々な場面で使えます。例えば、何かが上手くいかなかったり、怒ったり、焦ったり、失敗したり、がっかりした時などに使えます。これらは独り言になります。

Damn!
しまった!

Oh no!
まさか!

Oh my God!
なんてこった!

Sugar!

これは shit のかわりに使いますが、shit のように下品ではありません。shit の意味は糞ですが、sugar は砂糖だからです。

Oh, come on!
しっかりしろよ!

Not again!
またかよ!

Why?
なんで?

また、家具にぶつかった際には、家具を責める人も多くいます。例えば、足をテーブルやドアにぶつけたら、以下のセリフをよく言います。

Ahh, you stupid table!
あぁもう、馬鹿なテーブルめが!

Stupid, stupid, door!
馬鹿な馬鹿なドア!

God, I hate this house so much!
なんだよ、この家マジで嫌い!

自分がぶつかったのに物のせいにしているので、初めてこれらの英語を聞いたら日本人はひいてしまうかもしれませんね。今僕が思い出したのは、以前観た日本のテレビドラマでチンピラが言った「テメェどこ見て歩いてんだよ」という台詞です。皆さん、家でも外でも何かにぶつからないように気を付けましょう!

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

5 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *