そばかすは英語でなんというのでしょう。またなぜ英語圏ではそばかすはチャームポイントとされているのでしょうか。

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


英語で「そばかす」は「freckle」と言いますが、そばかすは沢山あるので、ほとんどの場合、複数形の「freckles」が使われているのです。






When I was a kid, my best friend had lots of freckles.
子供のころ、親友はそばかすが沢山あった。

また、「freckled」という形容詞もあります。それは「そばかすがある」というような意味になります。

She was a beautiful woman with a thin, freckled face.
彼女は綺麗な女性で、顔はほっそりとしていてそばかすがあった。

肌の色素や紫外線などの関係により、そばかすはよく白人の子供に出来るので、英語圏の国では大人のそばかすにも特に悪いイメージがなく、どちらかというと少し子供っぽく可愛らしいとも思われています。なので、「I think freckles are cute.」などの英語を耳にしたことがあります。僕は日本人はよくそばかすがコンプレックスになると聞いて、少しびっくりしました。ハリウッドスターもよくそばかすがありますね。また、Lostを観た方は知っていると思いますが、SawyerはKateに「Freckles」というニックネームを付けて呼んでいました。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

3 件のコメント

  • 日本でそばかすがコンプレックスになるのは、いわゆるシミと同じ類だからですかね?あと、日本人であまりそばかすがある人がいないのもですね。
    私は子どもの頃、フルハウスの女の子たちに憧れて「そばかす欲しい!」って言ってました!笑

  • 日本人にソバカスがある人が少ないのでコンプレックスになってしまうんですよね(>_<)
    私は4,5歳の時、フルハウスの女の子たちに憧れてソバカスがすごく欲しくなった時期がありました!(^_−)−☆笑

  • はじめまして。まりこです。
    なるほど、そーゆうふうに使うのですね!
    参考にさせていただきました。
    I have Fleckles. 🙂

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *