WTFの意味とは、WTFというネット用語の三つの使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

WTFは「what the fuck」の略で、「何だこれ!」というニュアンスになり、ネットやメールでよく使われています。しかし単純に何かを見て驚いているという訳ではなく、状況によってWTFのニュアンスは変わってきます。

WTFは主に三つの状況で使う事が出来ます。それは、混乱した時、怒った時、同情する時です。

混乱した時のWTFの使い方

例えば突然誰かが訳の分からないことを言い出した時にWTFと言えます。

Pete: Cats only fly at night.
Shannon: WTF?! Are you drunk?
ピート:猫は夜だけ飛ぶよ。
シャノン:何それ?!あんた酔ってんの?

怒った時のWTFの使い方

例えば誰かに対して怒りを覚えた時にWTFと言えます。

Daniel: You’re such an asshole!
Frank: WTF!
ダニエル: お前は本当にクソヤローだな!
フランク:何だとテメェ!

同情する時のWTFの使い方

例えば、友達が大変な目に遭って、自分の驚きと同情を表したい時にWTFと言えます。

Bob: My girlfriend just dumped me.
Don: WTF! Are you serious? Dude, I’m so sorry.
ボブ:彼女にフラれたよ。
ドン:マジかよ!本気で?残念だったな。

Alex: I just got fired.
Chris: WTF? Wow, that sucks!
アレックス:さっきクビになったよ。
クリス:何だって?おいおい、そりゃ大変だな!

通常の場合会話では、WTFでなく「what the fuck」と言います。しかし、やはりfuckは失礼な単語なので、仲間や親しい友人以外には、「are you serious?」や「are you kidding me」という似ているフレーズを使ったほうが良いでしょう。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

18 件のコメント

  • lukeさん!いつも見てます!ありがとうございます。
    wtfについての質問ではないのですが、onlyの使い方が難しいと思いました。
    猫は夜だけ飛ぶよ!はcats fly only at nightというのが私の感覚です。
    onlyの使い方の他の例を教えていただけませんか?

  • すみません。私の英語はまだまだの様ですね。
    猫が飛ぶという表現は実に興味深い!
    私は、どちらかというとスラングのほうが為になります。
    また、機会がありましたら教えて下さい。

  • Lukeさん、いつも、なるほど~!!と思いながら読ませていただいています。
    今日たまたまFBのコメントでWTFを目にしたのでとても参考になりました。
    外国の方とのFB交流も増えてきたので、フレーズの使い分け、もっともっと勉強させて下さいね。

  • s5うはr737スイカにある約四
    SYした場合には関係機関運用を?
    絵于はね赤名はサナギは関係機関の
    q62014Wyは関係無いも色々
    アイスクリームの場合は全く無い?
    DYは関係機関運用の場合にはまだ
    絵七三DYする英語圏は絵は気を。
    WTはね赤名はない場合です野蛮を

    • rwdvsbnyghjkdufyghbnmlks;uyg5gbnmkwkeidfguyhtnrmeofiughdndmskaohyruhsnkmcuerghnj767847259887yuhtbjnfkdmouyghbjnkml.com

  • ルークさん、はじめまして。
    いつもブログ、楽しく拝読させていただいております。学習雑誌「多聴多読マガジン」編集部の塩川と申します。
    http://www.cosmopier.com/eio/
    実は今度、2月号で「イギリス英語」特集を予定しているのですが、ルークさんにもぜひ、イギリス英語とアメリカ英語のちがいなどについてインタビューさせていただきたいのですが、いかがでしょうか。
    突然の連絡で恐縮ですが、どうかご検討いただければ幸い

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *