swagの意味、2010年代に人気のスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

2010年代で最も人気があるスラングは何ですかと聞かれたら、その答えはswagでしょう。Swagという単語はヒップホップ音楽によく登場し、ジャスティンビーバーもツイッターでよく使っていて、アメリカの高校生と大学生の間でも頻繁に使われています。

swagの意味と使い方

swagというスラングの意味は少し曖昧ですが、名詞のswagはセンスやファッションスタイルや魅力を表します。

He has a killa swag.
彼のファッションはめちゃくちゃ格好良い。

ジャスティンビーバー曰く、swagには以下のような定義があるようです。
“What is Swag? Its just about being yourself, you don’t have to do anything special, just be yourself.”
Swagとは何かって?Swagは自然に振る舞うこと、特別なことをしないで、自分らしくいるだけさ。
やはり、swagにはずいぶんポジティブな意味がありますね。Swagと言われる人は、雰囲気やファッションから自信が溢れ出ています。

swag outという動詞の意味

swagged-outという形容詞とswag outという動詞のフレーズも使われています。swagged-outは派手なファッションスタイルがあるという意味になります。Swag outという動詞は派手な格好をするという意味になります。

My mate always wears the most swagged-out clothes.
俺の仲間はいつもかなり派手な格好をしている。

I decided to swag out my car with big wheels and leather seats.
大きなホイールタイヤを付けて、革張りのシートにして、イカした車にすると決めた。

swag, swag, swagとは?

たまに文章の最後に、swag、swag、swagと繰り返したりする人もいます。この使い方は文章の意味を強調しますが、単にswagという単語にハマっている人が使いそうですね。

I’m going out tonight! Swag. Swag. Swag.
今夜は遊ぶぜ!イエイ!

Lil BのWonton Soupという曲では、swagはこういうふうに使われています。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

9 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *