八つ当たりは英語ではなんといいますか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


喧嘩の時、「八つ当たり」という言葉はとても役に立つと思いますが、英語では何と言うのでしょうか。辞書によると、八つ当たりの意味は、「腹を立てて、関係のない人にまで当たり散らすこと」です。英語では、一つの言葉でこれほど微妙な意味を伝えることはできませんが、「take it out on」というフレーズが八つ当たりの意味に近いです。

take it out on … の後に「me」、「us」、「人の名前」などを付けます。また、過去形で使う場合、「take」は「took」になります。「take it out on」の例文をみてみましょう。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Just because you are stressed with work, doesn’t mean that you have to take it out on us.
仕事でストレスが溜まっているからといって、こっちに八つ当たりしないでくれ!

通常、「it」を使う時には、「it」が何の言葉を指しているか、はっきりさせないといけないのですが、「take it out on」の「it」は常に相手の怒りを意味するので、「it」を特定する必要はありません。つまり、いきなり、「stop taking it out on me」というネイティブが多くいるということです。

Stop taking it out on me all the time. I am sick and tired of you being so selfish.
いつも八つ当たりするのはやめて! あんたの自分勝手な行動にはうんざりだよ。

「vent …. anger」という言い方もあります。「take it out on」と比べると、「vent … anger」はより文語体に近っぽい英語表現ですが、会話でも耳にします。また、「take it out on」と違って、「it」ではなく「anger」を使います。
「vent」は動詞で、通常ガスなどを放出するという意味になりますが、「anger 怒り」と一緒に使う時には、「怒りを放出する」という直訳で、「八つ当たり」という意味になります。
vent (one’s, your, my, 名前) anger on + 目的語

After a couple of drinks, our father always used to vent his anger on us.
父は数杯の酒を飲むと、いつも私たちに八つ当たりをした。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

3 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *