英語で木について話せるように、木についてのご案内

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

ネイティブなら子供でも木についての話が簡単に出来ますが、多くの第二言語学習者にとっては木や自然の話は全く苦手なようです。もちろん、外国でも日常生活で、このボキャブラリーは特に必要ではありませんが、次の単語を身につければ、英語で日本の自然の魅力をより伝えられるようになるし、外国の自然について勉強になると思いますので、この記事の単語は本当に価値があると思います。
まず、一番大きな問題は、日本の木とヨーロッパやアメリカの木は種類が大きく異なるなので、名前を覚えても、その木が実際どんな木なのかはっきり分からないことだと思います。ですので、この記事ではできるだけ外国多くの木について解説をし、写真も載せていこうと思います。
木の部分
林業の英語の単語
「arbor」を使っている英単語
日本の木ー英語で説明します
イギリスの木、アメリカの木、オーストラリアの木
木についての英語の表現

3 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。