「とりあえず」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

  

先週、僕が書いた本が大和書房から出版されたので、興味のある方は是非読んでみてください。この本のタイトルは『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(大和書房刊、本体740円+税)です。この本では日本語の文化から生まれた「気持ち」や「考え方」をどうやって英語のネイティブに伝えるか教えます。辞書に出てくる定義や単語の直訳ではなく、同じ状況でネイティブがよく使っているフレーズを紹介します。そして、それらのフレーズがネイティブにとってどんなイメージがあるのか、どんな文化にもどづいているのか、どんなニュアンスがあるのか、を丁寧に解説しています。

第1章 「自分の気持ち」を伝える

第2章 「自分の状態」を伝える

第3章 「性格」を表現する

第4章 モノを評価する

第5章 会話がはずむ英語

第6章 知って損はない便利な英語

%e6%9c%89%e9%9a%a3%e5%a0%82%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e9%a7%85%e8%a5%bf%e5%8f%a3%e5%ba%97-reduced

今回は小さいサイズの本なので電車などでも読みやすく、
フレーズも533個とたっぷり紹介したお得な一冊です。

そして、発売から1週間たたずに増刷となりました!

このサイトを愛用してくれている方は、ぜひ本を手に取ってみて下さいね。今から書店には置いてあります。それかこのリンクでAmazonで買えます。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ