英語での日付の表記 また、イギリス、アメリカ、日本、カナダなど異なる日付の表記の仕方

  

英語で日付を表記するのはとてもややこしいと思います。なぜなら、国によって日付の順番が変わってくるからです。皆さんも知っているように、日本では日付を年→月→日という順で表記しますね。しかしアメリカでは、月→日→年という順になり、イギリスでは日→月→年という順になります。例えば、2012年10月1日という日付は、以下のようになります。

日本:  12/10/01 2012年10月1日
アメリカ: 10/01/12  October 1st, 2012
イギリス: 01/10/12  1st October, 2012

英語の書類に数字のみで表記してある日付は、どこの国の書類か知らないといつだか判断出来ない場合があります。例えば10/12/12という日付はアメリカでは2012年10月12日になりますが、イギリスでは2012年12月10日になります。日本だと2010年になってしまいますね。このように非常に分かりにくいので、毎日世界中で様々な問題が生じているでしょう。


そして、日付の表記の仕方を二種類使っている国もあります。カナダでは全部の種類が使われています。例えば、新聞は月→日→年の順で表記されていますが、Windowsは日→月→年の順をで表記されています。

誤解を招かないように、日付を分かり易く表記する方法はいつくかあります。一つは西暦を四桁の数字にすることです。例えばイギリスなら01/10/12ではなく、01/10/2012になりますね。これである程度は変わると思いますが、より正確に伝える為には、数字のみではなく1st January, 2012 のように表記しなければなりませんね。

ここに日付の表記の仕方の世界地図を投稿しました。

各国の日付の表記の仕方


色    

日付の表記の順

使っている国

 水色

日→月→年

インド、南アジア、ヨーロッパ、オーストラリア

 黄色

年→月→日

中国、韓国、日本、ハンガリー

 紫

月→日→年

アメリカ、ベリーズ

 緑

年→月→日, 日→月→年

ネパール, 南アフリカ、 ドイツ,

 赤

日→月→年, 月→日→年

フィリピン、 サウジアラビア

 灰色

年→月→日, 日→月→年, 月→日→年

カナダ

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ