N/A の意味と使い方  英語圏の会社でよく使われている略語

  

N/Aはよく英語圏の会社で使われている略語です。特にExcelによく出てきます。通常、N/Aは「not applicable」の略語で、「該当せず」という意味になります。

多くの場合、これは表で使われています。例えば、尋ねることがあって、表にはyesとnoという答えだけがあります。Yesとnoは該当しない場合は、NAと書きます。

ちなみに、N/A を書く時には、N/A や n/aとも書くことが出来ます。

たまに、N/A は「not available」という意味にもなります。「not available」の意味は「利用できない」です。

例えば、データが存在しない場合は「not available」と書きます。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ