「nice」の意味、また「nice」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「nice」は「よい」「素晴らしい」「やさしい」という意味になります。ネイティブが他の形容詞を考えない時に「nice」をよく使います。例えば、「That’s a nice shirt.」は「それはいいシャーツですね。」また、「He’s a nice guy.」は「彼は優しい人ですね。」日本人は「nice guy」を使う時にはその人の外見を説明するらしいです。でもネイティブは人を説明して「nice」を使う時にはよく人の生活を説明しています。

「Nice to have met you.」は「会えて楽しかったよ」という意味になります。
「nice job」には「good job」と同じ意味があります。つまり、「よく出来たね。」
「That’s nice.」は「いいですね。」という意味になります。
以下に「nice」を使う例文があります。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

I have met a lot of nice people.
僕は沢山のいい人たちに会った。

That’s not nice.
そんなことは良くないよ。

That was nice of him.
それは優しかったね。

It’s nice of you to come and see me.
わざわざお越しくださってありがとう御座います。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。