ミナックシアター 日本でほとんど知られていないイギリスの素晴らしい野外劇場

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

Minack Theatre
今回、「ミナックシアター」という、とても珍しい劇場を紹介します。ミナックシアターが他の劇場と違う点は、海が一望出来る野外劇場だということです。イギリスには沢山の劇場がありますが、ミナックシアターの雰囲気は他では味わえない素晴らしいものです。僕は小学校の頃行ったので、芝居の内容はほとんど覚えていませんが、その日は海が荒れていたので 芝居を見ながら大きな波音が聞こえた事と、顔に波しぶきを感じたことは鮮明に覚えています。子供の頃は気付きませんでしたが、今見るとこの劇場はなんだか古代ギリシャの円形競技場のようです。

そして、何より驚いたのは、この野外劇場はロウィーナ・ケイドという女性が50年もの歳月を費やし、自ら石をひとつずつ積み上げ、全て手作業で造り上げたものだということです。ただの劇場ではなく、魂のこもった芸術作品ですね。
風が強く、よく雨の降るイギリスなので、チケットを取った日が天気に恵まれないかもしれません。しかし、雨と風の中で芝居を観るのも、他では出来ない貴重な経験になることでしょう。僕はいつか、嵐が出てくるThe Tempestというシェークスピアの劇を、本当に嵐の中のミナックシアターで観てみたいと思っています。

街の外れの方にあるので、イギリス人以外はあまり行かないスポットなのですが、皆さんもチャンスがあれば是非ミナックシアターを訪れてみて下さい。必ず心に響くものがあると思います。その時はどうか傘をお忘れなく。
ちなみに、ミナックシアターは英語でMinack Theatreです。
Photos of Minack Theatre, Penzance
This photo of Minack Theatre is courtesy of TripAdvisor
Photos of Minack Theatre, Penzance
This photo of Minack Theatre is courtesy of TripAdvisor
Photos of Minack Theatre, Penzance
This photo of Minack Theatre is courtesy of TripAdvisor

4 件のコメント

  • 良い所ですね。イギリスに行ったときには、ぜひ行ってみたいですね。どうやって行くのが一番いいですか?
    こういう記事の更新もお願いします。

  • 記事をいつも楽しく拝見しています。
    以前1年半ロンドンに住んでいた時にこちらを訪れました。観劇はできず、劇場の見学のみでしたが、天気にも恵まれ素晴らしい景色を楽しむことができました。ちなみに劇場を作っている様子や演劇の様子も付属の博物館の中に写真があり、見ることができます。
    私はロンドンから夜行列車で行き、駅からはレンタカーを借りましたが、夜行列車も情緒があり、とても良かったです。

    • Mioさん回答ありがとうございます。
      夜行列車いいですね。自分も好きなので行ったときは乗ってみたいと思います。

  • Wao!!!been there!!!
    ここ、13年前に、行きました!
    イギリスに留学していた時に、
    夏休み、ペンザンスに滞在しました、
    ホストファミリー連れて行ってくれました、
    久しぶりに美しい景色見られて嬉しいです(*^^*)
    英語、ブログいつも楽しみにみています!

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。