3100キロの長距離ハイキングコースでアメリカの大自然を堪能しよう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

Appalachian
皆さんは、 Appalachian Trailという英語を聞いたことがありますか?Appalachian Trail とはジョージア州からメイン州まで続く、アメリカでもっとも有名な長距離ハイキングコースのことです。その距離はなんと3100キロもあり、歩き終えるには6ヶ月から9ヶ月もかかるようですが、このコースにチャレンジする人は大勢います。そしてそのような人々は thru-hikers と呼ばれています。長期に渡って歩くので、やはり Appalachian Trail をハイキングをする人は退職後の人や大学生が多いでしょう。これくらいの距離を歩き終えたら、本当に足が棒になってしまいそうですね。

Appalachian-map
Appalachian Trail は、アパラチアという美しい山脈に沿ったコースです。この山脈はロッキー山脈ほどの高さはなく、広葉樹の森が多くあります。そしてコースの近くにホテルなどはないので、ハイキングをする人のほとんどはテントを持参して寝泊まりをするようです。
コースの詳細と写真はこのサイトで見られます。
http://www.appalachiantrail.org/hiking/find-a-hike/interactive-map

http://en.wikipedia.org/wiki/Appalachian_Trail

以前、僕の友人は大学を1年間休学し、ひとりで Appalachian Trail に挑戦し見事に歩き切りました。彼女は、周りで歩いてる人たちも同じ辛さを味わっているので、すぐに打ち解けられると言っていました。
Appalachian Trail はアメリカでもっとも古い長距離ハイキングコースですが、このコースがとても人気だったので他の州でも似たようコースを作りました。

Pacific Crest Trail

息をのむほどに美しいコース
pacific
california-map
http://en.wikipedia.org/wiki/Pacific_Crest_Trail

Florida Trail

フロリダ州の亜熱帯コース 「ワニに気を付けて!」
florida
http://en.wikipedia.org/wiki/Florida_Trail

Continental Divide Trail

ロッキー山脈に沿ってメキシコからカナダまで歩くコース
continental
continental-map
http://en.wikipedia.org/wiki/Continental_Divide_Trail

North Country Trail

このコースはまだ完成していませんが、Appalachian Trail の倍、つまり7400キロになります。
north map
http://en.wikipedia.org/wiki/North_Country_Trail

Ice Age Trail

氷河期の名残りがあるコース
ice-age
http://en.wikipedia.org/wiki/Ice_Age_Trail

僕も人生で一度は長距離ハイキングを経験してみたいのですが、やはり仕事がある限りは難しいですね。時間と体力のある方は、是非挑戦してみて感想を聞かせて下さいね。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。