「go into」の意味、また「go into」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

通常、「go into」は「入る」という意味になりますが、色々な抽象的な状況でも使われています。また、何かを詳しく説明している時や何かを検討する時も「go into」が使えます。最後に、「go into」と「more detail」という表現はよく一緒に使われています。 以下に「go into」を使う例文があります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

入る

I went into my parents’ room.
僕は両親の部屋に入った。

My friend went into a coma
僕の友達は昏睡状態になった。

That country went into decline.
その国は衰退した。

詳しく調べる、詳しく説明する

I’m not going to go into this again.
この話はもうしたのでまた説明しない。

Could you go into that in more detail please?
さらに詳しく説明してもらえますか?

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。