CATEGORY 面白い英語

古英語の特徴、現在の英語と古英語はどういうふうに変わるのでしょうか

日本語と同様、1000年前の英語と現在の英語は全く違います。多くのイギリス人やアメリカ人にとって、古英語はフランス語やドイツ語と同じぐらい分かりにくいかと思います。高校や大学の英文学の授業では、生徒は古英語を少し勉強しますが、英語のネイティブは本当に古英語を読みたい場合は、数年間の勉強が必要です。しかし、古英語は本来の英語ですので、よく考えながら見てみると、色々な言葉の意味が分かると思います。では、以下の言葉を見てみましょう。

皆さんが使っている「Google」はどういう意味でしょうか?

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンはグーグルの創設者で、自分が作ったサーチエンジンにどんな名前を付ければよいのかと色々考えて、「BackRub」という名前にしました。「back rub」は背中を摩るという意味になります。でも、なぜ「back rub」はサーチエンジンに関係があるかというと、ペイジとビルンのサーチエンジンは「backlink」というリンクの種類を使っていたからです。

「Good Will Hunting」の意味、マットデイモンの映画の題名の重複した解釈

今日まで僕は、Good Will Hunting という映画の題名の意味をよく理解していませんでした。主人公の名前が「Will」とは知っていましたが、Wikipediaを読んで初めて名字が「Hunting」だと気づきました。それなので、題名は「ウイルハンティングは良い人だ」という意味になります。昔の英語では、たまに好意を表すために人の名前に「good」を付けて、「Good Will Hunting」というような言い方をしていました。

英語での赤ちゃん言葉

日本語と同様に、赤ちゃんが使う英語と赤ちゃんに使う英語は、普通の英語とは違います。 赤ちゃん英語は結構面白いと思うので、いろいろな赤ちゃん英語のフレーズを紹介したいと思います。まず、赤ちゃん英語は「baby talk」と言います。英語圏のネイティブは、赤ちゃん英語をよくペットに対して使います。恥ずかしいことに、僕もうちの猫によく赤ちゃん英語を使います。まず擬音語の赤ちゃん英語を説明します。

「Groundhog Day」の意味、アメリカでは2月2日はグラウンドホッグデー

「Groundhog Day」というエキセントリックな祭りでは、天気の占いをします。「groundhog」は大きなリスに似ている動物で、アメリカの東海岸やカナダでよく見かけます。「woodchuck」という名前でも呼ばれます。「Groundhog Day」の朝には、沢山の人がグラウンドホッグの巣穴の周りに集まります。グラウンドホッグが巣穴から出る時に天気が曇っている場合は、春は早く始まります。一方で、グラウンドホッグが巣穴から出る時に天気が晴れている場合は、冬は後6週間続きます。やはり、この祭りはエキセントリックですね。

イギリス人が嫌いなアメリカ英単語

今日イギリスの新聞を読んでいた時、「Say no to the get-go! Americanisms swamping English, so wake up and smell the coffee」という記事が目につきました。記事の中に、イギリス人はアメリカ英語を使いすぎて、イギリス英語の特徴がなくなっていると書いてありました。また、イギリス人は意味を理解せずにアメリカ文化に基づいているアメリカ英語の表現を使ってしまいます。例えば、野球が分からないイギリス人の政治家は「step up to the plate」という表現をよく使います。「step up to the plate」は野球では打席に入るという意味ですが、日常の会話では「物事を取り組むために進む」という意味で使われています。記者さんが特に嫌いな「Americanisms」というアメリカ英語の表現や単語は以下に書いてあります。ちなみに、僕はアメリカ英語はイギリス英語を豊かにすると思います。

八つ当たりは英語ではなんといいますか

喧嘩の時、「八つ当たり」という言葉はとても役に立つと思いますが、英語では何と言うのでしょうか。辞書によると、八つ当たりの意味は、「腹を立てて、関係のない人にまで当たり散らすこと」です。英語では、一つの言葉でこれほど微妙な意味を伝えることはできませんが、「take it out on」というフレーズが八つ当たりの意味に近いです。

「Aussies vs. Poms」イギリスとオーストラリアの競争を示す英単語

通常、オーストラリア人は「australians」と呼ばれていますが、イギリス人はよくオーストラリア人に「aussie」というあだ名を付けます。 一方で、イギリス人は「the English」と呼ばれていますが、オーストラリア人はイギリスに「poms」とか「pommy」というあだ名を付けます。それはなぜでしょうか?