モテるを英語で使ってみよう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

僕は、日本語を聞くときに、小さい「っ」があるかないかを判断するのが苦手です。それなので、以前「モテる」と「持ってる」を区別できず、同じ言葉だと思っていました。「モテる」は「異性に人気にある」という意味なので、「持ってる」とは当然無関係ですね。しかし面白いことに、英語では「持ち上げる」を意味する pick up は、「モテる」のような意味としても使います。この pick up は「ナンパする」という日本語に近いですが、can pick up は、「モテる」のようなニュアンスになります。

Wow. That guy is always picking up lots of girls.
おぉ。あいつはいつも大勢の女性をナンパするな。

次は、popular と popular with の違いを見てみましょう。

She is so popular.
彼女はすごく人気がある。

popular だけを使うと、「人気」という意味になります。これは異性からの人気というより、一般的な人気のような意味合いなので、作家や政治家などに対してもよく使います。

The most popular Japanese author in the UK is Murakami Haruki.
イギリスでもっとも人気のある日本人の作家は村上春樹です。

しかし、村上春樹が異性から人気ならば、popular with girls, women, guys などの英語を使います。

Murakami Haruki is very popular with girls in the UK.
イギリスで村上春樹はとてもモテます。

また、女性からはモテないけれど男性から人気があるならば、

My friend who is a rugby player is very popular with guys, but not so popular with girls.
ラグビー選手の友人は、同性からは人気があるが女性からはモテない。

このように言うこともできます。
英語には、モテるを表すスラングが沢山ありますが、僕が考えられるスラングは全て男性のみに対して使えるものです。

chick magnet

magnet は「磁石」で、chick は「女性」という意味なので、磁石のように女性を惹きつけるというニュアンスになります。

Brian is such a chick magnet.
ブライアンはめっちゃモテるよ。

player・mac・stud・charmer

これらもモテる男性を表す英語です。この stud は種馬という意味になります。

How to be a player
女性にモテる方法

Dude, you are a stud!  So many girls hit on you.
君は本当にモテるね!大勢の女性は君に言い寄るもんね。

Don Juan・Casanova

これらは人の名前なのですが、He is a Casanova/Don Juan. というと、彼は女性から大人気というニュアンスになります。Don Juan は Mozart の有名なオペラで、主人公の Don Juan は1003人の女性と寝たことを自慢します。また、Casanova はイタリアの冒険家で、プレイボーイとしても有名でした。

He is a regular Don Juan. 
He is a true Casanova.
彼はとてもモテる。

ladies’ man・lady killer 

これらは60年代によく使われていたように思います。lady killer は比喩的なフレーズで、女性を殺すほどの魅力があるというニュアンスになります。

I wonder if my dad was a ladies’ man.
父はモテるタイプであっただろう。

My friends don’t call me a lady killer for nothing.
友人が僕をモテ男と呼ぶ理由は十分にある。

womanizer

今まで紹介した英語は、通常の場合褒め言葉として使われていますが、womanizer は「女ったらし」のようなネガティヴなニュアンスで使われています。

Martin is a real womanizer. I feel so bad for his wife.
マーティンは真の女ったらしなので、彼の奥さんをとても気の毒に思う。

playboy

これはみなさんも耳にしたことがあると思いますが、モテるだけではなく、お金を持っていて沢山の女性と遊ぶ人のイメージでもあります。

There are so many playboys in Roppongi.
六本木にはプレイボーイが大勢いるね。

これだけ男性に使えるモテるのフレーズがあると、いかに男性が女性にモテたいか、モテた話がしたいかが分かりますね。
モテる女性を表す面白いスラングは思い浮かびませんが、以下のフレーズはよく耳にします。

All the guys in the class are in love with Samantha.
クラスの男子全員、サマンサのことが大好きだ。

Loads of guys always hit on Polly.
大勢の男性はいつもポリーを口説く。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *