1000の英単語が分かる天才の犬

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

先日Youtubeでミュージックビデオを観ている時に、1000の英単語を知っている犬というタイトルを見付けました。半信半疑でムービーを観たらびっくりしました、まさにその犬は天才だったのです。

その犬は牧羊犬なのですが、飼い主は動物専門の心理学者でとても巧みに訓練が出来ます。その犬は単語を聞くとすぐに理解し、知らない単語を聞くと帰納法で単語の意味や物を把握する事も出来ます。例えば、その犬が名前を記憶している沢山のぬいぐるみの中に、ひとつだけ見た事のないぬいぐるみを混ぜます。そして飼い主が「○○を持ってきて」と、今までその犬に教えた事のないぬいぐるみの名前を出して持ってくるよう指示します。するとその犬は、沢山のぬいぐるみの中から一つだけ名前を知らないぬいぐるみを見付け、それが飼い主に指示されたぬいぐるみだと推測するのです。多分僕より優れていますね。
ちなみに、帰納は英語でinductionといい、このムービーによく出てきます。これを見ながら少し思ったのですが、なんで犬は英語が理解出来るのに、人間はまだ犬語が全く分からないのでしょう。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *