flip-flopの意味とは 選挙期間中よく使われる英語のフレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

通常、flip-flopはビーチサンダルという意味になります。ビーチサンダルを履いて歩く時には、ゴム底が足の裏に付いたり離れたりします。その時のパタパタ鳴る音を英語でflip-flopというので、ビーチサンダルもflip-flopと呼ばれるようになりました。

Dan, put your flip flops on before you go out into the garden.
ダン、庭に出る前にビーチサンダルを履きなさい。

しかし、ビーチサンダルのゴム底が足の裏に付いたり離れたりするように、意見があちらこちらに行くこともflip-flopと呼びます。特に何度も意見を変えることはflip-floppingと呼ばれています。例えば今年の大統領選挙では、Mitt Romneyという人がflip-floppingと言われています。彼は最初は国民健康保険のサポートをしていましたが、最近は国民健康保険のサポートをしなくなりました。また、元々は人工中絶賛成派でしたが、現在は人工中絶に反対しています。政治的な集会では好きじゃない候補者にflip-flopやflip-flopperと野次を入れる人がよくいます。そしてこのflip-flopは動詞としても使えます。

I don’t like Mitt Romney because he is always flip-flopping
ミット・ロムニーは意見をころころ変えるからあまり好きではない。

かく言う僕はミット・ロムニーが嫌いな訳ではありませんが、オバマのほうが好きです。

You should stop flip-flopping on important issues.
君は重要な問題に対して意見を変えるのをやめてほしい。

このビデオでflip-flopの使い方はより分かると思います。flipも同じ意味で使っていますね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *