「Good Will Hunting」の意味、マットデイモンの映画の題名の重複した解釈

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

今日まで僕は、Good Will Hunting という映画の題名の意味をよく理解していませんでした。主人公の名前が「Will」とは知っていましたが、Wikipediaを読んで初めて名字が「Hunting」だと気づきました。それなので、題名は「ウイルハンティングは良い人だ」という意味になります。昔の英語では、たまに好意を表すために人の名前に「good」を付けて、「Good Will Hunting」というような言い方をしていました。

しかし、「Good Will Hunting」の意味には重複した解釈の仕方があります。映画で「Will Hunting」は、恋人や二人の教授から好意を抱かれます。英語で好意は「good will」と言います。そして「hunting」は通常「狩り」という意味になりますが、「探す」という使い方もあります。その場合見つけにくいものに対して使います。たとえば

My apartment is so messy that I spent a whole hour hunting for my wallet.
僕の部屋は本当にめちゃくちゃで、一時間も財布を捜してたよ。

「Will Hunting」が育った地域では、好意を意味する「good will」を手に入れるのはとても難しいことなので、「Good Will Hunting」の二つ目の意味は、「Will Hunting」は「好意を探している」になります。
最後に、もう一つの可能性は、教授らが主人公の良い部分を探そうとするというものです。つまり、主人公の性格の中では、良い面と悪い面が両方があり、教授先生たちはその良い部分を引き出して育てようとするのです。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

7 件のコメント

  • I think trying to learn English.
    Evening of day before yesterday, but for the first time I saw the “Good Will Hunting”, when I look you can not understand the meaning of the title, you have reached the site.
    Became very much for.
    Please update your lot in the future.
    I’m looking forward to it.
    I wonder if this sentence is wrong …

  • Now I get it. I’ve just watched that movie, I thought It means “Good person, Will Hunting” as you mentioned at the first, but I learned another meaning,too. Thanks.

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *