「conkers」というイギリスの子供のゲーム

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「conkers」というゲームを聞いたことがありますか? イギリスの子供の間では、「conkers」はとても人気があります。「conkers」は二人でするゲームで、必要な物は栃の実とひもだけです。

  ゲームをするために、まず栃の実に穴を空け、ひもを貫通させ、ひもの下を結びます。そうすると、栃の実は「conker」になります。一人の子供は栃の実をぶら下げて停止させ、もう一人が、片手でひもの部分を持ち、もう片方の手で自分の栃の実を相手の栃の実にぶつけて割ろうとします。栃の実はとても固いので、何回ぶつけても、相手の栃の実は割れません。
  なぜこの単純なゲームが子供の間で人気があるかというと、子供達はできるだけ一番頑丈な栃の実を探すからです。そして、見つけたら慎重に穴をあけます。少しだけ栃の実をオーブンで焼くとより固くなると思っている子供がいます。でも、栃の実を焼けないほうがいいと思っている子供もいます。僕は後者でした。
http://youtu.be/3_j4BtYGufY

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *