「let it go」の意味と使い方 ー 相手に悩みを打ち明けられた時に使う英語フレーズ

怪我
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「let it go」はどんな意味なのでしょうか? 

let it goの意味と使い方

「let it go」の本来の意味は、「ほっておけ」、「そのままにしておいて」「あきらめろ」です。 「let go of it」、「let him go」、「let her go」などのフレーズと違って、「let it go」は抽象的なフレーズで、人の感情や思考に対して使います。相手が何かに悩んでいるが、どうすることもできない状態の場合、「let it go」とアドバイスすることができます。

I think you should just let it go.
それはもうわすれたほうがいいよ。

通常、「let it go」は強いフレーズで、小さな悩みなどに対して使うのは適切ではありません。大きな悩みがある人やいつまでも怒りがおさまらない人には、「let it go」はぴったりです。 たとえば、子供のころいつまでもお父さんに怒っている場合、「let it go」で、「もう怒らないほうがいいよ」や「忘れたほうがいいよ」というような感情を表します。相手が悩みを打ち明けた時に使うケースが多いので、心理学者やカウンセラーなどがよく使います。

映画のlet it go

「let it go」は映画のクライマックスによく言われています。たとえば、映画スターが慟哭する前に相手は以下のようなフレーズを言いそうです。

Let it go. Come on, just let it go!
もう忘れろよ。もういいよ!

他の「let it go」を使った例文は以下にあります。

I can’t let it go.
私は諦めない。

You should let it go and get on with your life.
あなたはそのことを忘れて、先に進もう。

I can’t let it go at this.
これでは僕の気が済まない。

You should let it go at that.
あなたはもう止めにしたほうがいい。

怪我

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

26 件のコメント

  • Hi Luke,
    一つ質問です。
    「悩みがある」という表現は日本語でよく使います。
    会話の中で「いま悩みがあってさ。。。」という場面はよくあります。
    英語にも同様の表現はありますか?

  • Let it goってうちのクラスの学級目標ですよー(笑)
    でも、~ありのままで~と言うサブタイトルがついてますけどね~ぇ

  • ①文法的な話をすると、let+O+原形不定詞(動詞の原形と同じ)で「Oに~させる」という使役表現になるからです。
    ②①の理屈でいくと、Let it goは「それをいかせる=ほおっておく=好きにさせる」といった感じになりますが、「それ」とはその話をしている状況によってかわるので、いろいろな解釈が生まれますし、自由度の高い表現とも言えます。
    「アナと雪の女王」においては、雪をあやつる能力を隠してきた彼女が、その能力を隠さずにいきていこうと決心する場面で「Let it go」が使われていると判断しました。そこで私は2つの解釈をしました。
    1つ目の解釈は、「it=雪をあやつる能力 を隠さずに出す=いかせる」
    2つ目の解釈は、「it=これまで周りの目やこうでなければという観念やしがらみ を気にしない=ほおっておく」なので、2つ目の解釈でいけば、「ありのままの姿みせるのよ」という日本語訳は、英語のニュアンスが全くわからない日本人でも、本質がつたわる和訳であることがわかります。すばらしい和訳だと思います。

    • その略はみたことがないですね。定着していないケースなので理解はできても受け入れられにくいと思います。造語と認識されるんじゃないですかね?

  • Let’s は Let us の省略形です。何度も使われるうちに定着したのだと思います。
    Let us do(原形不定詞)で「私達に~させて=~しよう」となるのです。

  • いつも勉強させていただいてます。^^
    LET IT GO と LET GO の違いを教えて頂けませんでしょうか?
    お願いします。

  • […] 私が持つイメージは、「時の流れを受け入れよう」。“Let it go.”は非常によく使うフレーズです。ドラマや映画を見ていると、必ず出てくる言い回し。大体の場合、悩んでいる登場人物に対しかけられます。その訳は「放っておけよ」「あきらめろ」が主流でしょうか。あの超有名サイト「英語 with Luke」によると… […]

  • いつも参考にさせて頂いております。
    質問ですが、
    I think you should just let it go.
    それはもうわすれたほうがいいよ。
    の下あたりの
    子供のころいつまでもお父さんに怒っている場合、
    とは、どの様な状態でしょうか?
    例えば私が子供の頃、
    父に向って怒っている場合という意味?
    何が原因で父に怒っているのでしょうか?
    ちょっと理解出来なかったので教えて下さい!

  • こんにちは。Screaming Jay Hawkinsの「便秘のブルース」で、便秘に悩む男がトイレで苦しみながらLet it go!!! Let it go!!! Don’t believe I can take much more, let it go…と叫んでいるシーンがありますが、この場合のLet it goって、「ほっといてくれ」ではないですよね?自分を苦しめている便秘に対して「もう解放してくれ!!!」と言っているような感じなんですが、それであっていますか?
    参考 https://www.youtube.com/watch?v=nbfnP3nhghk

    • その it は「お腹の中に宿っているブツ」をややボカして言っているだけです。
      要するに「腹の中のブツを出させてくれよ神様」とゆーこと。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *