2011年5月

「江戸川区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Edogawa-ku」や「Edogawa Ward」の使い方 

「江戸川区」を英語にする時には、 「Edogawa Ward」や「Edogawa—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、江戸川区を「Edogawa-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Edogawa Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「葛飾区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Katsushika-ku」や「Katsushika Ward」の使い方 

「葛飾区」を英語にする時には、 「Katsushika Ward」や「Katsushika—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、葛飾区を「Katsushika-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Katsushika Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「北区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Kita-ku」や「Kita Ward」の使い方 

「北区」を英語にする時には、 「Kita Ward」や「Kita—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、北区を「Kita-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Kita Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「江東区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Koto-ku」や「Koto Ward」の使い方 

「江東区」を英語にする時には、 「Koto Ward」や「Koto—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、江東区を「Koto-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Koto Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「品川区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Shinagawa-ku」や「Shinagawa Ward」の使い方 

「品川区」を英語にする時には、 「Shinagawa Ward」や「Shinagawa—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、品川区を「Shinagawa-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Shinagawa Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「渋谷区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Shibuya-ku」や「Shibuya Ward」の使い方と英語表記 

「渋谷区」を英語にする時には、 「Shibuya Ward」や「Shibuya—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、渋谷区を「Shibuya-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Shibuya Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「新宿区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Shinjuku-ku」や「Shinjuku Ward」の使い方と英語表記 

「新宿区」を英語にする時には、 「Shinjuku Ward」や「Shinjuku—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、新宿区を「Shinjuku-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Shinjuku Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「杉並区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Suginami-ku」や「Suginami Ward」の使い方と英語表記 

「杉並区」を英語にする時には、 「Suginami Ward」や「Suginami—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、杉並区を「Suginami-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Suginami Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

「墨田区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Sumida-ku」や「Sumida Ward」の使い方と英語表記 

「墨田区」を英語にする時には、 「Sumida Ward」や「Sumida—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、墨田区を「Sumida-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Sumida Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。

Uncategorized

「世田谷区」を英語にする時は、 なんと言えばいいのでしょうか。「Setagaya-ku」や「Setagaya Ward」の使い方と英語表記 

「世田谷区」を英語にする時には、 「Setagaya Ward」や「Setagaya—ku」と言うことがよくあります。 住所を書く場合は、世田谷区を「Setagaya-ku」というふうに英語にしたほうがいいです。一方で、住所としてではなく、英文の書類やメールなどで書く場合は、「Setagaya Ward」と書きます。 ネイティブは「ku」という単語の意味が分からないので、区の意味を強調したい場合は「ku」という英訳を避けたほうがいいです。しかし、住所を書く時には、意味より手紙や包みが場所に届くことのほうが重要です。