awesomeの発音はなんでしょう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「awesome」 という英単語の発音は難しいと思いますので、みんなさんのために、「awesome」の発音上達の音声ファイルをおつくりしました。 僕はイギリスとアメリカのハーフですから、発音は国際英語っぽいと思います。

録音を聞きたい方は、以下のボタンを押してください。

Awesome!
すげぇ!

That would be awesome.
最高だと思うよ。

It’s really awesome.
本当に素晴らしい!

This room’s view is awesome.
この部屋の観暮らしは最高だ!

awesomeの使い方についての記事を読みたい方は、以下のリンクをクッリクしてください。
awesome 意味

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

11 件のコメント

  • Awesomeについてわかりやすくて良かったです!
    発音もずっと「アーサム」だと思ってたから
    正しい発音を知ることができて良かった!

    • 英語には正しい発音という概念はないですよ。同じ英語圏の国の中でも発音が異なっていて、お互いに通じない例は珍しくない。そのような現実があるため、toeicの英語検定では、「イギリス英語発音」、「アメリカ英語発音」と「オーストラリア英語発音」で問題を読み上げ、受験者にその違いなどを学習そして理解できるようにしています。

    • それは、どの国の英語発音で聞いていたかによる。このページの音声はイギリス英語よりだから「アーサム」に聞こえないだけで、アメリカ人の発音だったら、そのように聞こえると思います。

  • 発音の話をする時は、「イギリス英語」、「アメリカ英語」、「オーストラリア英語」、「ニュージーランド英語」等ときちんと明記しないといけないと思います。

    • 補足:「国際英語っぽい」という表現の「国際英語」の定義がないためです。ただし、「neutral english accent」という概念は存在します。個人的な造語は御幣を招くのでよろしく

  • Hi Luke,
    The sound of a word ” awesome ” is below:

    ・ UK ​ /ˈɔː.səm/ 

    ・ US ​ /ˈɑː.səm/

    I heard your sound file on this page to try to judge rightly which one is your sound.

    I feel your pronunciation is British like.
    Besides,the sound is [ ɑː ] where is [ɔː ]
    in ” awesome ” by American English.

    For example,” walk ” is also the same in pattern
    which is ” UK :[ ɔː],  US :[ ɑː ]:
    ■walk:
    ・ UK ​ /wɔːk/
    ・ US ​ /wɑːk/

    ( What is the difference? )

    ・ [ ɔː ] is also low & long vowel similar to the [ ɑː ].
    ・In some areas of the United States,the sound [ ɔː ] is not   used but [ ɑː ], except the sound which [ ɔː ] is followed by ” R ” consonant
    ・[ ɔ ] :1. open-mid     2. mid back   3. rounded 
    ・[ ɑ ] :1. open  2. back ( retracted )3. unrounded
    ・Tongue shifts back in [ ɔː ]
    ・The tip of the tongue does not touch anything and pulls   back in [ ɔː ]
    ・It’s not quite forward but flips up in [ ɔː ]. 
    ・The lips flare a bit in [ ɔː ]
    ・The cheeks coming in and shifting forward a little bit
     in [ ɔː ]
    ・In [ ɑː ],the jaw drops less than [ ɔː ]

    ・In [ ɑː ],the lips are relaxed

    ・[ ɔː ] is long vowel and it is the up-down shape of stress
    (E.g1.): saw:
    ・ UK ​ /sɔː/
    ・ US ​ /sɑː/

    (E.g2.):on:

    ・US ​ /ɔn, ɑn/

    * I think that these things below:
       
       [ ɔː ] is basically long vowel,[ ɔː ].
       In US dictionaries, [ ɔː ] is showed as [ ɔ ].
       But,[ ɔ ] is Not shorter than [ ɔː ].
     
     Because,[ ɔ ] is used in US dictionaries to represent the  same pronunciation as[ ɔː ] .
       Otherwise,[ ɔ ] in ” on ” can be also considered as            unstressed syllable which is neither long sound
      nor high in pitch.
     
       But,its reason is not by the key [ ɔ ],but by the word “on”.

      Think about a verb ” saw “.
      If it is in the sentence,the word ” saw ” is stressed.
      On the other hand, ” on ” is considered just a function word   that is not stressed in the sentence.
     
      It is changed except like this:

      ” Move on.”

     In this case,the speaker may have intent to stress ” on ” as  well as the verb ” move “.
    But,if ” on ” is in more longer sentence,it would be stressed another word like verb or something.
    In the case,the sound [ ɔ ] is extremely quick.
    ( ” n ” is also instant in ” on “.)

    Unstressed syllables are shorter than stressed syllables,
    the unstressed of a vowel or diphthong doesn’t take the full mouth position of the stressed version.

    ■ [ ɔːr ]

    Moreover,[ ɔ ] is affected by following consonants.

    When the [ ɔ ] is followed by the “R “,the sound does change.
    The lips flare more,and the tongue pulls back more and up a little bit.

    The sound which is  [ ɔ ] followed by [ r ] is blended at the position where is for the ” R ” .

    (E.g.):core:

    ・ UK ​ /kɔːr/ 
    ・ US ​ /kɔːr/

    (E.g.):four:
    ・UK ​ /fɔːr/ 
    ・US ​ /fɔːr/

    *linking [ r ] is pronounced only before a vowel in British English:

        f[ɔːr] + ˈæp.l ̩z = fɔː[ˈræ] p.l ̩z
         four + apples = four apples

    (E.g.):quarter:

    ・ UK ​ /ˈkwɔː.tər/ 
    ・ US ​ /ˈkwɑː.t̬ɚ/
    ・ US ​ /ˈkwɔr·t̬ər/

    *In sound [ɔːr],the lips round more and the jaw drops less than [ ɔː ].
     It’s hard to see the tongue,
    but it pulls back and up more than [ ɔː ]

    ☆I hope you more pronunciation topic!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *