英語のcalque – なぜ枕詞と武術は両方ともcalqueなのか?

  
flea marketの絵

言語学において、calqueとは逐語的に、つまり一語一語同じ言葉を使った翻訳を通して他の言語から借用した単語またはフレーズです。英語にはたくさんの面白いcalqueがあります。例えば、中古品を売る野外市であるflea market(ノミの市、古物市)はフランス語のmarché aux pucesから来ており、これは market with fleas(ノミのいる市)という意味です。この理由ですが、この名前はもともとノミがいる可能性のあるような粗末な中古品を専門としたパリの市場につけられた名前だったのです。

一般にみられるcalqueとしては他にパソコンの mouse(マウス)があります。パソコンの mouse(マウス)は英語における動物のmouse(ネズミ)から来ています。そして多くの他の言語にはドイツ語のMaus(ネズミ)のように、この単語のcalqueがあります。日本語ではmouseはマウスですね。しかし、もし日本語にパソコンのmouseのcalqueがあったらそれはきっとネズミだったでしょう。なぜならそれがこの英語の文字通りの正確な翻訳だからです。

英語におけるのcalqueの多くがフランス語と中国語から来ているようです。例えば、喉仏を意味するAdam’s apple(アダムのリンゴ)はフランス語のpomme d’Adam(喉仏)ののcalqueです。見かけだけ強いという意味のpaper tiger(紙の虎)は中国語の紙老虎(張り子の虎)から来ています。春巻きを意味する spring roll(春の巻物)は春捲(春巻き)のcalqueです。洗脳を意味するbrainwash(脳洗い)は洗腦(洗脳)から来ています。これらの単語は日本語でも使われていますね。

日本語に直接由来するcalqueがあまりないということは驚きです。一例としてpillow word – 枕詞、そしてmartial art – 武術があります。最近では、草食男子のcalqueであるherbivore man(草食の男)というフレーズが使われていますが、あまり流行りそうにありません。将来的に日本語から来たのcalqueの英語が増えるといいですね。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ