無加算名詞で数を表す方法 ー 英語の落とし穴

  

Homework
突然ですが、以下の文章はどのように英訳するか皆さん考えてみてください。

今夜6つの宿題をしなきゃ。


無加算名詞は英語の思わぬ落とし穴ですが、「宿題」を意味するhomeworkは無加算名詞です。それなので、I have to do six homeworks tonight.と訳すことは出来ません。しかし、どうしても1つではなく6つの宿題があることを表したい場合にはどうすれば良いのでしょうか。

そんな時ネイティブはよく、数えたい単語に無加算名詞を付けます。先ほども述べたようにhomeworkは無可算名詞なので、piecesという単語を使い、pieces of homeworkにします。ですので、

今夜6つの宿題をしなきゃ。

という文章は、

I have to do six pieces of homework tonight.

になります。

そして、数を指定しない場合はa lotという単語を使う方法もあります。「家具」を意味するfurnitureも無加算名詞なので、two furnituresなどと表すことは出来ません。それなので、自分の家に1つの家具ではなく沢山の家具があることを表したい場合には、a lot という単語が役立ちます。これは、数えられる名詞と無加算名詞、両方に対して使えます。

There’s a lot of furniture in my bedroom.
うちのベッドルームには家具が沢山ある。

それでは他の例も見てみましょう。「ゴミ」を意味するtrashも無加算名詞です。

There’s lots of trash outside.
外にゴミが沢山落ちている。

There are three pieces of trash outside.
外にゴミが3つ落ちている。

someも無加算名詞と一緒によく使います。

I have some good advice for you.
君にいくつかのアドバイスがあるよ。

アドバイスの数を特定したい場合には、piecesを使います。

I have three pieces of advice for you.
君に3つのアドバイスがあるよ。

日常でよく使う無加算名詞のリストを作りました。多すぎて全て覚えるのはかなり難しいと思うので、まずは気になった英単語からチェックしていくと良いでしょう。

advice

アドバイス

air

空気

alcohol

アルコール

art

アート

beef

牛肉

blood

butter

バター

cheese

チーズ

chewing gum

チューイングガム

coffee

コーヒー

confusion

混乱

cotton

コットン

education

教育

electricity

電気

entertainment

エンターテイメント

experience

経験

fiction

フィクション

flour

小麦粉

food

食べ物

forgiveness

許し

furniture

家具

gold

gossip

うわさ

grass

ground

地面

happiness

幸せ

homework

宿題

honey

蜂蜜

hope

希望

ice

information

情報

jam

ジャム

knowledge

知識

lightning

稲妻

literature

文化

love

luck

luggage

荷物

meat

milk

牛乳

mist

money

お金

music

音楽

news

ニュース

noise

騒音

oil

石油

oxygen

酸素

paper

patience

忍耐

pay

支払い

peace

平和

peanut butter

ピーナッツバター

pepper

胡椒

petrol

ガソリン

plastic

プラスチック

pork

豚肉

power

pressure

圧力

rain

research

研究

rice

米、ご飯

sadness

寂しさ

salt

sand

shopping

買い物

silver

snow

space

宇宙

speed

速度

steam

湯気

sugar

砂糖

sunshine

日光

tea

紅茶、茶

tennis

テニス

thunder

time

時間

toothpaste

歯磨き粉

traffic

交通

trousers

ズボン

vinegar

washing up liquid

食器用洗剤

water

weather

天気

wine

ワイン

wood

木材

wool

ウール

work

仕事

 

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • Chie says:

    There’s lots of trash outside.
    の例文で、lots で複数形になっていても There is になるのでしょうか?

    • noname says:

      Trashが不可算名詞なのでisになると思います。
      There is a lot of snow / lots of snow. 不可算名詞
      There are a lot of apples / lots of apples.可算名詞

  • tomomi says:

    a lot で表せる無加算名詞はすべて数字pieces ofで言い換えが可能でしょうか?

    • noname says:

      使えると思いますが、特に数量を細かく言わなくていい場合やさらに細かく言う場合にsome, a part of, a cup of, an hour of, a bowl of, a scoop ofなど用途に合わせるといいと思います。宿題などはassignmentsが可算名詞なので Three Homework assignmentsというふうに言えます。単に略してthree assignmentsでも文法的にも意味的にも問題ありません。アメリカ英語ではan hour of homeworkというふうにどのくらい時間かかるか言う場合もあります。3の人が言っているthree homeworksとは文書にして書けませんが会話や携帯のメールでは一応言えます。

  • Shigeo says:

    I have to do six homeworks. と言ってしまった場合、ネイティブの人たちはどう感じるのでしょうか?
    意味が通じなくなってしまうのか、意味はわかるけどなんか奇妙だなと感じる程度なのか。

    If you said “I have to do six homeworks. ” to native speakers, how would they feel? Either they feel ” that doesn’t make any sense. ” or they only feel strange…

  • オタク! says:

    はじめまして!いつも英語の勉強に使わせていただいております♪

    単刀直入に申し上げますと、「無加算名詞」ではなく「不可算名詞」が正しいと思います。中学生では「数えることのできない名詞」と習うので、「無」ではなく「不」が適切です。(漢字の「不」「未」「非」「無」は、小学生や中学生でも学校で使い分けをある程度習うのですが、高校生で漢文(中国語)を学ぶ際にやっと「何故そうなるのか」を理解できるレベルなので、難しいとは思いますが……)

  • ★Mika says:

    Hi Luke,

    You explained the usage of non- plural
    noun ‘Advice’.

    ‘I have some good advice for you.’
    ‘I have three pieces of advice for you.’
    When I saw that,I felt it’s a trap.

    Because,’Advice’ has also Plural form and is often used.
    Primary ATM machines overseas display ‘Advice’:
    ‘ cash withdrawal without ADVICE ‘ or ‘ cash withdrawal with ADVICE ‘.

    ‘ADVICE’ does not mean ‘ suggestion ‘.
    It means:
    ‘ A ​formal ​document ( i.e a ​piece of
    paper) telling you about financial
    arrangement (i.e. delivery cash via the ATM machine ) you have been involved in’ according to Cambridge online and so on.

    So,when we choose ‘ with ADVICE ‘,we will be provided a ​piece of ​paper.
    If I make the arrangement five times,I will be provided five pieces of papers.

    Moreover,’ADVICE’ can be used as plural
    noun on the meaning.
    So,I can say ‘ I have five pieces of
    ADVICES for withdrawal via ATM machine at the bank.’,right?

    Additionally,if we’d like to consider about uncountable noun,we should think about also ‘Paper’.

    In general, prural form of ‘paper’ means ‘newspapers’.
    If you write something on ‘paper’,it’s just a ‘paper’ which is uncountable
    material,right?

    But,If the paper has belong to private or official ‘ Documents ‘ ,’ Paper’ is
    countable ‘Plural noun’ according to Oxford online and so on.

    So,if the ‘paper’ is ‘A ​formal ​document’ as ‘ADVICE’ at the bank,we can count it.
    Then,we can say also ‘ five pieces of
    paperS ‘,right?

    By the way,here is the examin I provide you:

    1.) If you’d like to write sth on
    paper,can you say ‘I’d like to write on a piece of a paper.’?

    2.) ‘Can I give you a ​piece of advice?’
    Is ‘a piece of advice’ on the sentence a piece of Paper?

    Here are answers.

    1.) No,’ a paper ‘ is the usage of
    countable noun. If the paper is not any document,you can say just a ‘paper’
    without ‘a’.

    2.) If someone asked you so is not an officer at the bank and you have never performed any financial arrengements at the time,the answer is ‘No’.
    Additionally,’ADVICE’ in the sentence is uncountable noun.So,it doesn’t mean ‘a
    piece of an ADVICE’.

コメントをどうぞ