messed upの意味とは ー messed upというスラングの3つの使い方

  

Messed up 600 px

僕が大学の時、ルームメイトはしょっちゅう電話で「That’s messed up, man!」というスラングのフレーズを使っていました。彼は何か悪い話を聞くと、必ずと言っていいほど「That’s messed up, man!」を繰り返します。このフレーズは、相手が言っていることに対して同情する時によく使います。日本語の「それは大変だったね」や「それはひどい話だ」のようなニュアンスでしょう。しかし、そのルームメイトのように2度も3度回も、「Dude, that’s messed up!」を繰り返すのはお勧め出来ません。

That’s messed up, man!
それはひどすぎるな!

基本的に「messed up」という英語のスラングは「混乱している」や「失敗した」という意味になります。ですので、「that is messed up」は文字通り、何か状態や経験に対して自分は混乱しているという意味になります。


「messed up」を「be」動詞と一緒に使う場合は、飲みすぎやラリっている状態、または頭がおかしい状態などが主となります。

I am kind of messed up at the moment.
俺は今ベロベロだ。

My friend is kind of messed up in the head, but he’s a nice guy.
僕の友達は頭が少しイッっちゃてるけど、良い人だよ。

ちなみに、「messed up」を動詞として使う場合は、「失敗した」という意味になります。

I really messed up!
大失敗しちゃった!

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ