二日酔についての英語 二日酔いの状態を英語で上手く説明する方法

  


僕は今日少し二日酔いなので、反省の意味も込めて、二日酔いは英語で何と言うかを説明します。
通常の場合、「二日酔い」は英語で「hangover」と言います。hangoverは「残存物」という意味にもなります。

「hangover」には名詞と動詞、二つの使い方があります。名詞の場合は「have a hangover 」というフレーズを使います。例えば、

I had an awful hangover this morning.
今朝はひどい二日酔いだった。

「hung-over」は「hangover」よりくだけた表現です。

そして形容詞の場合はハイフンを入れるので、「hung-over」になります。「hung-over」は「hangover」よりも、少しくだけた表現です。ちなみに形容詞なので、 「have」ではなくbe動詞を使います。

Wow! I am really hung-over!
やばい!めっちゃ二日酔いになった!

「splitting headache」や「throbbing headache」で二日酔いによる頭痛を説明出来ます。

一般的に二日酔いはhangoverとhung-overがよく使われていますが、日本語と同様に他の表現で二日酔いによる体調不良を表す事も出来ます。例えば頭痛を説明するなら、

I have a splitting headache.
頭が割れるように痛い。

I have a throbbing headache.
頭がズキズキと痛んでいる。

などの表現が出来ます。また、単純に飲み過ぎたと言いたいなら、

I drank way too much last night.
昨夜、本当に飲み過ぎた!

このように言えますね。そして、吐き気がある場合、「I feel sick」もしくは「I feel like puking.」などとも言えます。

「feel like shit」という少し失礼な英語で気持ち悪さを上手く伝えます。

また、 「I feel like shit.」というくだけたフレーズもあり、これは「気持ちが悪い」という意味になります。

Oh God, why did I drink so much last night? I feel like shit.
あぁなんで昨夜あんなに飲んじゃったんだろう?めちゃくちゃ気持ち悪い。

これは少し失礼な表現ですが、気持ち悪さを上手く伝えることが出来ます。

しかし、出来るだけこれらの英語を使わなくて良い日常を送りたいものですね。

この記事がためになったら、是非皆にシェアしてあげてね。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ